浜松市の若者人口流出について。静岡全体に通じる課題でもありますね。

浜松市の若者人口流出について。静岡全体に通じる課題でもありますね。

H27年度国勢調査によると、浜松市の人口はH22年とくらべて0.3%の減少となっています。

これは、国内政令都市の中で4番目に大きい下落幅だそうです。

今や地方の人口減少は当たり前になりつつありますが、やはり同じ静岡県に住む者として、県内最大都市の人口減少は見過ごせません。

 

たまに浜松市に行くことがありますが、車で行っても電車で行っても十分栄えている印象です。

車の数や道路の複雑さ、駅前の施設など、僕が住む藤枝市と比べるとはるかに大都市です。(藤枝をディスっているわけではないのであしからず笑)

 

そんな浜松市は、現在若者の市外流出が問題になっています。

 

 



新幹線の整備によって、都市部に行きやすい。

浜松市が作った人口減少対策に「浜松市”やらまいか”総合戦略」というものがあります。

(「やらまいか」とは、静岡県西部の方言で「やってみよう」みたいな意味だそうです)

こちらの一文を引用すると、

一方、人口減少は、出生率の低下や、若者層を中心とした人口の市外への流出、 とりわけ東京圏への流出に起因する部分が大きく、出生率の上昇や移動率の上昇 (転出抑制)を図ることによって、人口の減少スピードを抑制するとともに、長 期的には人口構成を最適化することが可能である。

 

出典:浜松市ホームページ 浜松市”やらまいか”総合戦略 P4より

とあります。長期的には人口構成を最適化できる、とあるので僕が考察するまでもないんですが、まぁご愛敬ということで。

 

静岡県は東西に東海道新幹線が通っており、県内どこからも都市部へ出やすくなっています。

新幹線が停まる駅の数は実に6個。東から、熱海・三島・新富士・静岡・掛川・浜松。

僕の住む藤枝駅には停まらないのが非常に残念なところ。新富士なんか、在来線がなく新幹線しか停まらないという謎の駅なのに…

 

個人的なグチはさておき、いかんせん駅の数は多いです。

利便性が良い分、都市へ行くハードルが下がっているのは確かです。

 

ちょっとシャレたものを買うのには、浜松駅や静岡駅を通り過ぎて名古屋や横浜・東京に出たりするくらい、静岡県民、特に若者には、県外の都市部は身近な存在です。

浜松駅や静岡駅も栄えてはいますが、遊ぶ場所や買い物をする場所として東京や名古屋にはかないません。

手軽に行けるのであれば、都市部に出るのは不思議なことではないですよね。

大学の充実度でも都市部にはかなわない。

また、「ナレッジステーション 静岡県浜松市の大学地図」によると、浜松市にある大学は以下のようになっています。

・静岡大学 浜松キャンパス

・静岡文化芸術大学

・聖隷クリストファー大学

・常葉大学 浜松キャンパス

・浜松医科大学

・浜松学院大学 布橋キャンパス

静岡市まで足を伸ばせば静岡県立大学などもあります。

新幹線なら30~40分くらいなので、このあたりまでならドアツードアでも1時間半以内で通えるはずです。

 

浜松医科大や静岡県立大などは、県内のみならず日本全体でみても優秀で、素晴らしい大学です。

ですが、東京にはより有名な大学がたくさんあります。

優秀さではもちろん東京大学にかなうところはないですし、その他ブランドイメージ的にも良い大学がいくらでもありますし…。

都市部のキラキラ感、憧れ感と相まって、東京あたりの大学が持つ「学生に対する引きの強さ」は半端なもんじゃありません。

 

またどうしても選択肢が少なく、バリエーションに欠けてしまうのはどうしようもありません。

例えば、一時期全国的に乱立した薬学部。

政府の規制緩和があったため、2003年くらいから数年間、毎年どこかに薬学部・薬科大が新設されてました。学生からの人気も高いです。

ですが、浜松市内には1校もありません。

静岡県内でみても、H29年5月時点で静岡県立大学1校だけです。

全国的にみると私立大学の薬学部も多いんですが、静岡県では県立大のみ。薬学部を希望する学生すべてを1校で吸収できているとはとても思えません。

 

ちなみに、浜松から新幹線で32分で行ける名古屋(ほんとに近いな)には、

・名古屋市立大学

・名城大学

・愛知学院大学

・金城学院大学

以上4つの薬学部があります。(「全国の薬学部大学ガイド ヤッカレ」より)

これだけでも、浜松から学生が流出していそうな雰囲気を十分に読み取れます。

 

人口が限られる以上、多種多様な大学がそろうことは難しいので仕方ない部分でもあるんですが、やはり少し残念な気もします。

浜松だけじゃない、静岡県全体が抱える問題かも。

今回浜松市について記事を書きましたが、この問題は静岡県内全域での課題と言えると思います。

静岡県では自分の希望する進路に合う大学がない、なんていう例はたくさんあるんじゃないかと思いますし、都市部は魅力的だし…

若者を奪われてしまうのも正直当然な気がしてきてしまいます。

 

それを防止するには、やはり静岡での教育、学習が魅力的なものであることが絶対必要です。

藤枝市とソフトバンクの取り組みについてご紹介。」の記事で一例を挙げましたが、面白い教育の提供はまだまだ可能性があるんじゃないかと思います。

本当に人を定着させるには、教育の先の雇用も非常に大切なんですが、もちろん教育も大切。

より一層の魅力づくりをぜひぜひ期待したいところです。

コメントを送る

*
*
* (公開されません)