人生にとってプラスにならない仕事はやっちゃいけない。

人生にとってプラスにならない仕事はやっちゃいけない。

前2つの記事で、最近あった残業生活や、そこで思ったことについて書きました。

 

~前回、前々回の記事はこちら~

久々の大量残業生活が終了!ブログ更新が滞ってしまった……またがんばろう!

仕事が膨大にあると、集中力が低下する理由4つ。

 

ここ最近は、期日までに処理しなければいけない仕事量が、極端に増えた期間でした。

なので、とにかく残業しまくって対処しなければいけない状態だったわけです。

 

そういう生活をしていてつくづく思ったのは、「仕事は自分にとってプラスになることでなければやっちゃいけない」ということです。

 

これは以前から思っていたことですが、今回改めて強く感じました。



人生の大半は仕事の時間。ムダにしちゃいけない。

仕事をせずに生きていける人も世の中にはいますが、ほとんどの人は毎日働いて暮らしています。

 

正社員の場合、仕事に割く時間は1日8時間。

昼休憩1時間、それに通勤時間や出勤前の準備なども、仕事のための時間です。

当然のことですが、起きている時間の大半を仕事に費やしているわけです。

 

そのうえで残業をすれば、人生における仕事時間の割合はさらに増えます。

 

 

自分自身にとって、世の中で一番大切な存在は自分自身です。

世の中で一番大切な存在が一番時間を費やしていること。それは、今自分がやっている仕事です。

 

だったら、その時間は絶対に自分の人生にとってプラスにしなければいけない、と僕は思います。

 

 

仕事が自分にとってプラスになっていると言い切れる要因は、僕は3つしか思い浮かびません。

好きなことを仕事に出来ていればそれが一番。

まず、自分が本当に好きで、心からやりたいことを仕事に出来ている場合。

これが一番幸せなパターンだと思います。

 

お金をもらうためにやっている仕事ですから、当然つらいことや自分の意に反することがあると思います。

ですがそんな中でも、「自分が好きだからやっている」という気持ちがあれば、どんどん前に進めるはずです。

 

正直なところ僕はこれには当てはまらないので、自分の好きなことでご飯が食べられている人のことは、心からうらやましく思います。

仕事で、自分が確実に成長できているか。

次に、仕事を通して自分の成長が実感できている場合。

僕は、これにあてはまります。

 

今やっている仕事は、自分を成長させてくれている。

今の自分は、1か月前の自分を明確に超えている。

そういった実感がある仕事は、やるべき仕事であると思います。

 

 

そういう実感を持つためには、常に新しいことに挑戦しなければいけません。

ただ与えられた仕事をこなしているだけでは、新しいことに出会うチャンスは少ないでしょう。

自分の未開拓の領域に踏み込んでいく積極性や、視野の広さが求められます。

 

また、新しいことを探させてくれたり、新しいことをやらせてくれる環境であるかどうかも非常に大事です。

 

僕の場合は、良くも悪くも新しいことがどんどん降ってくる職場環境なので、常にやったことのないことに取り組んでいるような状態です。

 

もちろん、それがストレスに感じられることもあります。

自分がやったことのないことをやるというのは、常に負荷がかかります。

ですが、それにあえて取り組んでみることで、達成したときに確実な成長が得られます。

 

今回、残業しまくってなんとか対処した仕事も、僕にとっては全く新しいものでした。

これが新しいものだったからこそ、頑張ってやりきることが出来たんじゃないかと思います。

 

ちなみに、大きな仕事が終わってほっと一息つきたいところですが、来月も再来月もその次も、今までやったことがない仕事がもうすでにスケジューリングされています。

 

なかなか大変な状況ではありますが、僕は今のこの状態を楽しんでいます。

なぜなら、とにかく自分の成長を実感できているから、という一言に尽きます。

何はともあれ、お金が稼げる。

最後に思い浮かぶのはこれ。

とにかくお金がたくさん稼げれば、正直なんでもいいんじゃないか、という側面は確実にあると思います。

 

 

自分がやりたい仕事ではないけど、つらくてつらくてどうしようもない内容ではない。

別に成長している実感もそこまでない。

だけど、とにかくお金が良い。

 

こういう仕事なら、僕は大いにありだと思います。

 

仕事をする理由の一つは、お金を稼ぐためです。

というか、これが一番大きな理由であっても全然不思議じゃありません。

 

そこのニーズをがっつり満たしてくれるのであれば、それは取り組む価値があるんじゃないかと思います。

漫然と仕事をしているのが何より一番もったいない。

上に挙げた3つにあてはまらないけど、ただ何となくやっている。

そういう状態が一番危ないと思います。

 

新しいことをやることの大切さ。」の記事でも触れましたが、経験をある程度積んで、やり慣れた仕事ばかりやっているのが怖いパターンの一つですね。

 

自分の人生を有意義に過ごし、満足できるものにするには、仕事の充実は絶対に欠かせません。

 

今の仕事で、自分の人生がプラスを得ているか。

これからも、常にそういう視点を心掛けたいと思います。

コメントを送る

*
*
* (公開されません)