会社勤めの人より、独立志向の人の方が地方に来やすいですよね。

会社勤めの人より、独立志向の人の方が地方に来やすいですよね。

ほぼすべての地方都市は、若者に移住してきてほしいと願っていると思います。

 

人口減少や高齢化、そして都市圏への人口集中が進む日本で、人口を増やすのは至難の業なのは当然です。

ですが、人を呼ばないと地方の衰退に拍車がかかるのも事実。

 

静岡県藤枝市という地方都市に移住した人間としては、僕みたいな外部から移り住む若者をぜひ増やしたいわけです。

 

地方に人が集まらない理由は複数あると思います。

が、今回は「仕事」というポイントだけに的を絞って考えたいと思います。



地方にも仕事はけっこうあるが、それだけでは若者は呼べない。

現在、地方都市でも、仕事自体の数としては意外とあります。

 

僕が勤めている会社でも、常に人が足りない状態。

採用をかけると、募集人数に対しかなり多くの応募が集まったりしているようです。

 

また、僕が住む静岡県藤枝市のハローワークで検索すると、正社員の募集がたくさん出てきます。

有効求人倍率が上昇していることもあり、意外と人手不足の会社は多いです。

 

 

ですがその職種、仕事内容、給料などの条件を、都会のそれらと比較すると、魅力あるものはものすごく少ないと思います。

都市のほうが仕事の種類や賃金が多いのは必然で、地方の会社が都市の大企業を上回る条件を提示することは並大抵の難易度ではありません。

 

大企業では、地方の支社に転勤になると手当がついたりすることもあるので都心で働く社員よりも給料が良くなったりしますが、そういう人は数年内に都心に帰ってしまったり、ほかの地方に転勤になったりするので、会社の辞令を蹴ってまでどこかに定住することは少ないですよね。

 

仕事の条件面で優位性をつけることによって若者を都市から地方に引っ張り、定住させるのはかなり難しいはずです。

場所を選ばない、または地方のほうがメリットがある仕事。

仕事の面で考えると、普通の会社員みたいな人は、地方に移住するメリットがなかなか薄い。

 

だったら、「働く場所を選ばない仕事」、もしくは「地方でやるほうがメリットがある仕事」を選ぶ人なら、地方に移住する可能性がある、ということになります。

 

パッと思い浮かぶのは、

 

・在宅勤務が可能な仕事。

・地方の生産物や環境を生かした店舗・会社を興す人。

・デザイナー、クリエイター的な仕事。

・インターネットやITの仕事。

・都会の会社員でも、ある程度経験を積んで独立したいと考えている人。(会社員時代に作った得意先とのつながりが重要な仕事なら無理ですが…)

 

などなど。

やっぱり、起業家やフリーランスの仕事が思い浮かびます。

 

まぁ会社員が無理なら、独立でビジネスをする人しかないですもんね。

IoT+農業なんかは最近ブームになっているトピックスですが、まさにそういうことなんだろうなぁと思います。

独立志向の人が集まる地方。夢がありますねぇ。

ほかにももちろん、地方や田舎ならではの仕事に強い魅力を感じる人もいるはずです。

農業や林業、漁業。もしくは医療過疎の地域で力を発揮したい医療関係者などなど。

 

ですが、こういう仕事を志す人は自ら地方に来てくれるはず。

 

なので、「人を呼ぶ」ということからすると、独立して仕事をする人がいいんじゃないかなぁと思うわけです。

 

クリエイターや起業家が集ってくると、街としての魅力が増すこと間違いなし。

藤枝市もそういう街にならないかなぁ…。

 

ちなみに藤枝市は、ソフトバンクと提携してLPWAネットワークを市全体に構築する事業をやっています。

~関連記事→藤枝市とソフトバンクの取り組みについてご紹介。

 

こういう取り組みでもって、どんどん人が惹きつけられれば素晴らしいですね。

コメントを送る

*
*
* (公開されません)