2016年の出生率、出生数、ともに低下。本当にまずいぞ…。

2016年の出生率、出生数、ともに低下。本当にまずいぞ…。

2016年の日本の合計特殊出生率は、1.44に低下しました。(前年1.45)

出生数も100万人を割り込んだそうです。

 

さてさて、どうしましょう?

出生数、出生率が増えていかないことには、人口は減り続ける一方。

 

少子化の問題は、ここ何年もずーっと叫ばれています。

出生率は一時よりは回復しましたが、まだまだ少子化に歯止めはかかりません。

 

 

まだまだ、この問題の解決は遠いようですね。



とにかく、結婚や子供を持つことに対するハードルを下げないと。

未婚の人、また子供を持たない人が増えています。

 

結婚することや、子供を持つことに対する不安が以前よりも大きくなっているのは明らか。

「お金がない」「自身が高齢だから」「今の生活を崩したくない」「そもそも結婚相手を見つける出会いがない」などなど、不安の声はさまざま。

 

子育て支援や、出産後の女性の社会復帰に対する取り組みは、全国的に進んできました。

また、一応大企業も中小企業も、以前より賃金は上がってきているようです。

ですが、ハードルがまだまだ下がりきっていない、施策は不十分だ、ということなんですよね。

 

 

極端な話、保育園が全国一律タダだったら出生率は増えるはずです。

また、文化として、できちゃった婚や離婚が一般的という認識の社会だったら、子供を作るハードルは下がるでしょう。

 

何か一つでもいいから、もっともっと劇的な変化を起こさないと、事態が改善するとは思えないんですよね。

沖縄は相変わらず出生率がめちゃめちゃ高い。

沖縄県は、出生率が全国で断トツです。

何年も昔からこれは変わりません。今年も1.95でした。ほんっとに高いですね!

 

なぜ沖縄県は出生率が高いのか。色々理由があると思いますが、

・保育園料が安い(認可、認可外ともに)

・出来ちゃった婚のハードルが低い

・周囲の人とのつながりが強く、みんなが子育てに参加してくれる

みたいな理由がよく言われています。

 

沖縄市ホームページ 平成27年度沖縄市保育所保育料基準額表を見てみると、確かに安い。

一番所得が高いランクの397,000円以上の枠でも、3歳未満児1人目は¥51,000。

 

また、平成22年度「出生に関する統計」の概況 人口動態統計特殊報告の、結婚期間が妊娠期間より短い出生という数字があります。

要は、できちゃった婚の割合ですね。

これによると、沖縄は42.4%で全国一位。高い!

全国平均は25.3%なので、これは相当なもんです。

出来ちゃった婚だと当然子供が生まれるので、出生率増加につながります。

 

また、地域ぐるみでのつながりの強さも大きな要素の一つ。

周りも子供がたくさんいる環境ですし、子育てに対する不安がやわらぎます。

とにもかくにも、課題は山積み。

2016年の1年間で、日本の人口は33万人減りました。

僕が住む静岡県藤枝市は人口14万6,000人なので、藤枝市がまるごと2つ消えた以上に、人が減ったわけです。

 

この数字を見たとき、僕はけっこう衝撃でした。

事態は待ったなしのところまで来ているんじゃないかなぁと思います。

 

幸いにも、出生率が高い沖縄という事例があるわけです。

全部同じにするのはもちろん無理なので、真似できるところから真似していったらいいんじゃないでしょうか。

 

例えば保育園料は、安ければ安いほどいいのは明らか。

もちろんそこで働く人の待遇がおろそかになってはだめなので、各地方自治体は、保育園にまさに湯水のごとくお金を使ってほしいんですよね。

もちろん今もお金を使っていると思いますが、今まで通りではだめなんだという発想です。

笑っちゃうくらい極端な施策でちょうどいいと思います。

 

ここまで書いて思い出しましたが、我が家も子供が生まれるときに、保育園料のことについて夫婦で話し合いました。

 

藤枝市は保育園料が高いわけではないんですが、それでも奥さんの給料から保育園料を差し引くとあんまり残らないなぁ、という話をしていました。

 

家計の足しにあまりならない、というのももちろんあります。

それに加えて、子供が一番かわいい時期、そして成長をみるのが楽しい時期に保育園に預けているのに、結果として得られるお金は大した額にならないとなると、保育園に預ける理由が薄れるなぁと感じたのを覚えています。

 

そういう意味でも、保育園料が安いと、一つ納得できるポイントが増える気がするんですよね。

 

 

またそのほかにも、少子化対策にはまだまだ課題がたくさんあります。

子どもにかかる教育費が高いとか、それなのに給料が安いとか、長時間労働が横行しているとか、児童手当が安いとか、書き出していくとキリがありません。

 

どうにか少しずつでも、状況が改善しないかなぁと願うばかりです。

コメントを送る

*
*
* (公開されません)