節目のブログ50記事目!とりあえずここまで書いてきて感じたこと。

節目のブログ50記事目!とりあえずここまで書いてきて感じたこと。

今年4/2の初投稿から数えて、この記事がちょうど50記事目になります。

 

2か月とちょっとで50記事達成。

本当は毎日1記事アップしたかったんですが、まぁだいたいよしとしましょう。

 

まだまだブログ初心者の域を脱しない僕ですが、この2か月ブログを書いてきて思ったことをまとめてみます。



ネタは意外と出てくるものだったりする。

ブログを始めるにあたって、一番懸念していたのがこれでした。

 

正直ネタは早々に尽きるんじゃないかなと当初から思っていました。

 

始めたばかりのころは何となく書くことがあるのでいいんですが、10記事くらい書いたあと、

「あれ、早くもネタなくなってきた?」

みたいな感覚を感じるようになりました。

 

1日1記事みたいな意気込みで始めたわりには、10記事程度で早くもネタ切れを感じるというこの体たらく。

まぁ毎日何かを書くという作業を今までやったことなかったわけなので、仕方ないっちゃ仕方ない気もします。

ネタ切れを感じたのは、ネタにとらわれすぎていたから。

自分が思ったこととか体験したことをとにかく書けばいいんですが、「こんな些細なことは記事になんてならないに決まってる」という思い込みがあったんですね。

なので、なんとなく思いついたことがあっても記事にするのを躊躇することがたびたびありました。

 

ですが、勉強がてらいろいろな人気ブログを読ませてもらううちに気づきました。

「ネタなんて何でもいいんだ」ということに。

 

自分が好きなこと、興味があることについてとにかく書くということが一番大事であって、ネタ自体にはそんなにとらわれなくていいんじゃないか、という結論に至ったわけです。

 

実際、世の中には山ほどブログがあふれています。

ブログがあふれているということは、それだけネタもあふれているということ。

 

実際、高い頻度で更新されていて、内容も面白いブログは、ネタそのものはびっくりするようなものでないことがざらにあります。

ですが、珍しくないネタでも、記事としてはしっかりとした完成度に仕上がっているんですよね。

 

見せ方のうまさや文章力の高さで記事が成立しているという側面ももちろんありますが、「実は些細なことでもブログのネタになり得る」ということが、具体例として示されているように感じました。

 

なので、とりあえずちょっとでも気になったことはどんどん記事にしてみることにしました。

もちろん僕はまだまだブログが下手くそなので大した記事は書けないんですが、それでも自分では「こんなことブログに書いていいのかな?」と思うようなことでも、いざ記事にしようと取り組んでみると、意外と膨らんでくれたりするのを実感しました。

 

というわけで、これからもこのブログでは、大したことないネタの記事がつらつら並んでくると思います。あしからず。

ブログを書くことは、ものすごく勉強になる。

これは、書き始めてしばらくしてから強く感じたことです。

ブログを書くということは、今まで知らなかったことを知る助けになります。

 

新しいことを始めると、今までの自分になかった知識や経験を得られます。これが楽しいんですよね。

「ブログの書き方」を勉強しながら記事を書く。

何度も断りますが、僕はまだまだ下手くそな初心者ブロガーです。

ですが、最初に感じていた不慣れな感じ、書きづらい感じはだんだん減ってきました。

 

ブログを書くというのも一つのテクニックです。

文章の作り方、表現の仕方、Wordpressに関する知識など、ブログがうまくなるために身につけることはたくさんあります。

そういう知識は、当然ブログを書きながら身につけるのが一番早いですよね。

 

一つ一つ調べながらになるので時間はかかりますが、それによって新しい武器が増えていくので、非常に楽しい作業です。

 

先ほども書きましたが、僕は勉強のためにいろいろな人気ブログを読ませてもらっています。

数にして20くらいは、最新記事を追っかけるようにしています。

 

人気があるブログというのは、やはり上手です。

記事を見やすくしたり、全体の体裁を整えたり、記事を人に読ませるテクニックが溢れています。

 

そういうブログに少しでも追いつけるように、一つ一つ勉強しながら書いていきたいと思います。

ネタについて調べて、記事を書く。インプット&アウトプットの好循環。

「ブログの書き方」に加えて、ブログを書くことで様々な知識が得られることを実感しています。

 

なぜなら、ブログネタについてあいまいなところは、まず自分で調べてから記事にするからです。

一応曲がりなりにも記事をアップする以上、でたらめなことはなるべく書きたくないわけです。

 

間違った内容ばかりの記事なんて誰のためにもならないですし、何より僕自身が恥ずかしくてアップできません。

分からないところはきちんと調べることによって、知識をインプットすることができます。

 

そして記事にしてアップする、すなわち知識をアウトプットする、ということ。これが大切です。

 

人の目に自分の知識をさらすということは、すごく緊張感があります。ただの自己満足の勉強と大きく違うところです。

なので、インプットも集中力をもって行うことができます。

しっかりインプットしたことを記事としてまとめることによって、さらに知識は定着します。

 

もう一つ、アウトプットすることの最大の利点。

人間というのは不思議なもので、時にインプットしたものよりも大きなものをアウトプットすることがあります。

 

インプットしたものを自分のフィルターに通す過程で、自分がもっている価値観や知識がくっつくんです。

つまり、オリジナリティをもって物事を生み出すことができるということ。これが非常に大きいと思います。

 

毎日記事を書く(ようにがんばる)ということは、インプット&アウトプットを毎日できるということ。

書けば書くほど自分のためになるわけです。これに気づいてから、僕はさらにブログを書くのが好きになりました。

これからもよろしくお願いします!

意外なことに、このブログの記事を読んでくれている人がちょいちょいいらっしゃるようです。

 

非常にありがたいのはもちろんですが、同時に「読んでいただいている以上は変なことは書けない」という責任も感じるわけです。

 

とはいえ、僕の能力はカスみたいなものなので、どんなに頑張ってもたいしたものは書けません。

 

無理のないように、マイペースで書きたいことを書いていきますので、どうぞ今後ともよろしくお願いします!

コメントを送る

*
*
* (公開されません)