5ヶ月弱もの間ブログ更新が滞ってしまった理由その③ ネタ切れ

5ヶ月弱もの間ブログ更新が滞ってしまった理由その① 腱鞘炎

5ヶ月弱もの間ブログ更新が滞ってしまった理由その② 書く時間帯のミス

に続きまして、ブログ更新が滞った理由の3つめ。

 

実に単純明快。ネタ切れです。

 

ブログにしろ何にしろ、何かを書いたり発信することを続けたことがある人は分かると思いますが、書くことがなくなってくるんですよね。

そんなに毎日変化があるわけではないし、面白いことがあるわけでもない。

 

外食したお店や新製品のレビューをすごい頻度でアップしているブロガーさんもたくさんいらっしゃいますが、あれはブログをしっかりとマネタイズできているからこそのことですよね。

このブログみたいに全然収益のないブログだと、ただただお金がかかってしょうがないです。お給料も知れたものですし…。

 

このブログを始めた当初は僕が住んでいる静岡県のことを書くことが多かったんですが、静岡の名所を高頻度で回ることも難しく、新しいことを書いていくのが難しく感じるようになっていました。

 

そういう状況になり、はてさてどうしたものか…と思案した結果。ネタ切れという大きな問題に対して導かれた答えが、

「こだわらない」

「思いついたことを書く(≒書けることを書く)」

ということでした。

早い話が、何でもいいからとにかく書いてしまえ!ということですね。

 

ですが…これは、実は相当大変なマインドセットだということに気づきました。

 

僕の場合、記事をアップするとなるとどこか構えてしまうというかカッコつけてしまうというか、ある程度の質や量をしっかりと保ったものを書きたいという気持ちが強く出てしまうことに気づきました。

とにかく良いネタを記事にしたい、という強迫観念みたいなものに捉われがちになるんですね。

一見、何でもいいから書いちゃえよ!というスタンスは一番簡単な考え方に思えますが、それがなかなかできない。

これは僕個人の性格の問題なんですが、無駄な完璧主義が邪魔をして、バカバカ文章を書いていくという作業に大きな抵抗感を感じてしまうんですよね。下手くそながらも、自分なりに丁寧なラッピングをしたいわけです。

さらに、ブログ全体のバランスや構成なども考えて細かい文体にもこだわって…という別の要素も合わさってきたりして、さらに記事をアップするハードルが上がってしまうことも多々あります。

これらは全てとても大切なことなんですが、そういうものにこだわりすぎて一番重要な「記事をアップする」という段階がクリアできないとなると本末転倒です。

 

なので、とにかく記事をアップすることを第一に考える、というか、もうそれしか考えないことにして、ネタの質や文章量はこの際打ち捨てる、という方向性をどれだけ貫けるかが、僕の中での課題となっています。

 

この無駄な完璧主義を克服するには、とにかく数をこなすしかないかなと思っています。

良い意味で適当な力加減で、ネタにこだわらず記事を書いていくという作業を自分に刻み込んでいって、それがしっかりできるようになったら質と量を少しずつあげていけばいいはず。

とにかく、日々が練習ということですね。変なこだわりが早く抜ければいいんですけどねぇ。

コメントを送る

*
*
* (公開されません)