【レビュー】ダイドーブレンドコーヒーギンレイ すっきり美味いぞ!

【レビュー】ダイドーブレンドコーヒーギンレイ すっきり美味いぞ!

8月27日新発売の缶コーヒー「ダイドーブレンド ダイドーブレンドコーヒー ギンレイ」を飲んでみたので、レビューしていきます!

→公式ページはこちら

ダイドーの缶コーヒーと言えばパッと思い浮かぶのが、従来の「ダイドーブレンド ダイドーブレンドコーヒーオリジナル」ですよね。

今回そっちも買ってみたので、外見や味を比べていきたいと思います。

早速参りましょう!



全然雰囲気の違う外見!味の違いにも期待が膨らむ。

「ダイドーブレンド ダイドーブレンドコーヒー ギンレイ」は、従来の1.5倍の量の豆を使った、ダイドーブレンドの新しい商品です。

外見を比較してみるとこんな感じ。

レビュー ダイドーブレンドコーヒーオリジナル ギンレイ

従来のダイドーブレンドコーヒーオリジナルは、コーヒー豆を入れる麻袋のデザイン。「since 1975」の表記が歴史を感じさせます。

ギンレイは全く違い、ゴールドで高級感漂うデザインです。コンビニで見かけて即買いしてしまいました。

オリジナルは内容量185gなのに対しギンレイは210gなので、缶のサイズもロングです。

 

それぞれの栄養成分表示を見てみましょう。

レビュー 成分 ダイドーブレンドコーヒーオリジナル

レビュー 成分表示 ダイドーブレンドコーヒー ギンレイ

100gあたりの炭水化物はオリジナルが7.4g、ギンレイが6.1g。

缶コーヒーに含まれる炭水化物はほとんど糖分と思われるので、ギンレイの方が甘さ控えめの味わいなんじゃないかな?と予想。

 

それぞれグラスに開けてみると、

レビュー ダイドーブレンドコーヒー オリジナル ギンレイ

レビュー ダイドーブレンドコーヒー オリジナル ギンレイ

成分表示からも分かる通り、どちらもブラックコーヒーではなく、ミルクと砂糖が入っているタイプのコーヒー。

画像で見るとわかりづらいですが、ギンレイの方がわずかに色が白めです。

それではいよいよテイスティング。個人的にはギンレイが美味しい!

まず香り。比べてみると、ギンレイの方がコーヒーの香りをわずかに強く感じる気がします。

 

それでは、肝心の味を比べてみましょう。

・甘み:オリジナルの方が強いです。
成分表示を見た時の予想通りで、飲み比べると明らかに違います。
とは言え、ギンレイも甘さは十分に感じます。オリジナルの方がよりしっかり、という感じ。

・ミルク感:オリジナルの方が強いです。
甘みと相まっている部分もあると思いますが、より重みというかクリーミー感を感じます。

・コーヒー自体の味や苦味:明らかにギンレイに軍配が上がります。
豆を1.5倍使っているだけあって、よりコーヒーらしい味を雑味なく感じることができます。
口に含んだ時の豆の香りも、ギンレイの方がふわっと広がります。

総合すると、「ギンレイの方がすっきり飲みやすく、コーヒーの香りや苦味はしっかりと感じられる」という印象です。

甘みを抑えているので、後味として口に残る重さも少ないですね。

個人的にはギンレイの方が明らかに好み。今時のコーヒーに仕上がっている気がします。価格は同じなのに量が多いというメリットもありますしね。

オリジナルの方はしっかりした甘さがあるので、頭が疲れた時に飲みたくなる味です。

 

というわけで、「ダイドーブレンド ダイドーブレンドコーヒーギンレイ」、とっても美味しい缶コーヒーでした。

僕はセブンイレブンですぐに買えました。コンビニを始め、自販機やスーパーでも販売しているそうです。

ぜひおすすめです!

 

ダイドーブレンド ダイドーブレンドコーヒーギンレイ
価格:124円(税込)
内容量:210g

コメントを送る

*
*
* (公開されません)