レビュー 「ブレンディタグゴーボトルコーヒー ホワイトミルクコーヒー」

レビュー 「ブレンディタグゴーボトルコーヒー ホワイトミルクコーヒー」

AGFが10月31日に期間限定発売した「ブレンディタグゴーボトルコーヒー ホワイトミルクコーヒー」、早速買ってみましたのでレビューします!

コンビニ限定発売なのでいくつかお店を回ってみると、近隣のセブン、ファミマ、ローソンの中でローソンにだけ置いてありました。そう言えば、スタバのチルドカップを4種類置いてたのはローソンでした。

もちろん同じチェーンでも店舗によって品揃えは違うので、たまたまうちの近くのローソンは相性が良いみたいです。



まずは外観から見てみましょう

それではレビューしていきましょう。

まずペットボトル。上部にぐるっと「Coffee and」という文字が浮き出ています。「ブレンディ タグゴー」シリーズ共通のデザインです。

レビュー ブレンディタグゴーボトルコーヒー ホワイトミルクコーヒー

「Coffee and」のところに、最近よく見るポップをあしらったようなシールが貼ってあります。「ホワイトミルクコーヒー」「甘い香りとろける」「NEW!」「期間限定」の4種類があるようです。

僕が買ったやつは「期間限定」ですね。

ペットボトルをフィルムは全体に透明で、牛の模様のような白い斑点がデザインされています。

 

原材料名のところが撮りづらかったので列挙すると、

「牛乳、砂糖、コーヒー」

となっています。コーヒーが最後にくるので一番含有量が少ないということですね。

お次に原材料名。

レビュー ブレンディタグゴーボトルコーヒー ホワイトミルクコーヒー

500mlの製品なので、1本あたり190mlですね。そこまで気にならないカロリーです。

意外にも、味の設計は「飲みやすい系」。

それでは、いよいよ飲んでみましょう!味は…

 

一言で言うと、「思った以上にすっきりしている」ドリンクでした。

ミルク感と甘さがしっかりしているのかなぁと思っていましたが予想は外れ、ちょっとびっくりするくらいのすっきり度合いです。

一番含有量が少ないコーヒーの香りや味わいはやはりかなり少なく、後味や抜ける風味で少し感じる程度。

かといってミルクの味や甘みも重たくなく、控えめになっています。

クラフトボスなどが代表的ですが、最近流行りのペットボトルのコーヒー飲料は、ゴクゴク飲めるようなすっきりした味わいが基本となっています。

タリーズコーヒーシリーズなんかも缶ボトルの「BARISTA’S BLACK」は相当濃い味ですが、ペットボトルでは軽い味わいにしてあります。

今回の「ブレンディタグゴーボトルコーヒー ホワイトミルクコーヒー」も、その方向を踏襲したのかもしれません。

ちょっと疲れてしっかり甘いものを飲みたい時よりは、もっと軽く飲みたい時の方がオススメです。

 

ブレンディタグゴーボトルコーヒー ホワイトミルクコーヒー
価格:160円(税込)
容量:500ml
全国のコンビニエンスストアにて期間限定販売

コメントを送る

*
*
* (公開されません)