アサヒ飲料 ヘルシーな缶コーヒー「ワンダ オフの珈琲」を発売

アサヒ飲料 ヘルシーな缶コーヒー「ワンダ オフの珈琲」を発売

アサヒ飲料は、缶コーヒーブランド「WONDA(ワンダ)」の新製品「ワンダ オフの珈琲」を発売しました。

11/6より、全国で発売開始されています。

現在この「オフの珈琲」を含め、実に19種類が展開されている「ワンダ」。言わずと知れた缶コーヒー業界の超有名ブランドです。

コンビニでもスーパーでもドラッグストアでも自動販売機でも、どこかしらには絶対に置いてある商品ですよね。

従来の製品よりも糖質67%OFF、カロリー57%OFFになっているそうで、缶コーヒーを飲むボリュームゾーンである40代、50代男性の健康志向を受けて開発された商品だそうです。



確かに糖質も脂質もオフ仕様

ワンダを代表するラインナップの「ワンダ モーニングショット」と成分を比較してみると、

商品名(両方とも1本185g)炭水化物(糖質)脂質カロリー
ワンダ オフの珈琲4.81g0g29.6kcal
ワンダ モーニングショット12.21g0.925g62.9kcal

上記の通り、炭水化物と脂質を抑え、結果としてカロリーも抑えられています。

甘みやミルク感、コクといったところは従来よりも控えめであることが予想されますが、「ワンダ モーニングショット」には入っていない甘味料(アセスルファムK、ステビア)が使われているので、甘みはカロリーのない人工甘味料で補っているようです。

缶コーヒーは糖質が意外と多く使われていることがあり、こういう健康志向の商品は嬉しいですね。

コメントを送る

*
*
* (公開されません)