ネスプレッソ、ミルクメニュー対応コーヒーメーカー「クレアティスタ・プラス」を発表

ネスプレッソ、ミルクメニュー対応コーヒーメーカー「クレアティスタ・プラス」を発表

ネスプレッソは、全自動のミルクスチーマーを搭載したコーヒーメーカー「Creatista Plus(クレアティスタ・プラス)」を発表しました。

全国のネスプレッソブティック(販売店)/ネスプレッソミニ(小型店舗)、フリーダイヤル(0120-57-3101)、公式ウェブサイトのいずれかでのみの販売となります。

 

全自動のミルクスチーマーを搭載しているため、ミルクメニューに対応。ミルクジャグに牛乳をセットすると、メニューごとに最適の泡立て設定・温度のフォームミルクを作ってくれるという高機能。

ミルクジャグからコーヒーにフォームミルクを注ぐ、というプロっぽい楽しみ方ができるようです。

さらに、ミルクの温度やフォームミルクの泡立ちを調節することで、自宅でラテアートもできてしまうとのことです。



いいお値段だけど、それに見合う性能とデザイン

作ることができるメニューは計8種類。

コーヒーメニューは、
・リストレット(通常の半量のお湯で抽出するエスプレッソ)
・通常のエスプレッソ
・ルンゴ(通常の倍量お湯で抽出するエスプレッソ)
以上3種。

ミルクメニューは、
・カフェラテ
・カプチーノ
・フラットホワイト
・ラテ・マッキャート
・フォームミルク
以上5種です。

多機能なその性能に加え、デザインのかっこよさにも目が奪われます。

ネスプレッソ クレアティスタ・プラス

ネスプレッソ クレアティスタ・プラス

ステンレススチールと、曲線を組み合わせて作られたシルエットがプロっぽい雰囲気を醸し出します。

側面がマットな仕上げになっているのもおしゃれですね。

家で普通に使うコーヒーメーカーはプラのような質感のものも多いですが、これは一線を画す高級さ。

 

ただやはり、お値段も相応。

希望小売価格は、「税込 70,200円」とのこと。

現在のネスプレッソのコーヒーメーカーラインナップでも、一番高い値段です。

なかなかおいそれと手が出る額ではありませんが、それだけ機能や見た目にこだわった製品ということですね。

発売開始は11月21日(水)。自宅でラテ系のコーヒーにこだわりたい人には、まさにうってつけのマシンです。

コメントを送る

*
*
* (公開されません)