メリタ 「コーヒーフィルター」と「アロマフィルター」を比較!コーヒーの味にも違いが。

メリタ 「コーヒーフィルター」と「アロマフィルター」を比較!コーヒーの味にも違いが。

今回は、コーヒーアイテムの老舗メーカー・メリタのフィルターについての記事を一つ。

普段僕がハンドドリップでコーヒーを淹れるとき、メリタのフィルターを使うことが結構あるんですが…

メリタ フィルター

床に落とした時なのかいつなのかわからないんですが、フチのところが欠けてしまいました。

プラスチック製のこのフィルター、経年劣化もあるかもしれません。

端が欠けただけなので使おうと思えば問題なく使えるんですが、とりあえず新しいものを買うことにしました。

そしてせっかくなら、今までとは違うものにしてみることに。

メリタからは、フィルターのシリーズとして「コーヒーフィルター」「アロマフィルター」「陶器フィルター」の3種類が発売されています。

「陶器フィルター」はプラスチックの「コーヒーフィルター」とほぼ同じ形で材質に陶器を使用している展開のようですが、「アロマフィルター」は材質がプラスチックで、形状が異なります。

なので今回は「アロマフィルター」を買って、多少欠けたけどまだまだ使える「コーヒーフィルター」との違いをみてみることにしました。



ゆっくり蒸らすための「アロマフィルター」

というわけで、ネットで注文した「アロマフィルター」が届きました!

今まで使っていた「コーヒーフィルター」と比べていきます。

まずは箱から。

メリタ フィルター

上が今までの「コーヒーフィルター」、下が「アロマフィルター」です。サイズは両方とも「2-4杯分(一度の給湯で2杯分が作れるサイズ)」で合わせました。

「アロマフィルター」の方が一回り大きいですね。また、写真の取っ手や色など結構違います。

メリタ フィルター

どちらもサイドにはメリタ式の淹れ方が書いてあります。

それでは中身の比較をしてみます。

メリタ フィルター

左が「コーヒーフィルター」、右が「アロマフィルター」です。やはり「アロマフィルター」の方が一回り大きいですね。

また、お湯の流れを作るためのフィルター内側の溝が、「コーヒーフィルター」は真ん中くらいまであるのに対し、「アロマフィルター」はほとんど一番上まで作られています。

アップで見ていきましょう。まずは正面から。

メリタ フィルター

メリタ フィルター

「コーヒーフィルター」は使い込んでいるおかげで結構字がハゲてきてしまってますね。

同じプラスチック素材ですが、「アロマフィルター」は取っ手などがよりしっかりした作りです。また、色味がブラウンになっています。

使用後に毎回しっかり洗っていても、しばらく使っているとコーヒーの色素が沈着してくるもの。ブラウンだとそれが目立ちにくいかもしれません。

続いて横から見たところ。

メリタ フィルター

メリタ フィルター

「アロマフィルター」はサイドにV字の溝が入っています。また、コーヒーポットに置きやすいようにフチがついており、注ぎ口の切り欠けもあります。

続いて後ろから。

メリタ フィルター メリタ フィルター

「アロマフィルター」の溝は、後ろだけは上から半分くらいまでなんですね。

続いて下からの角度を比較。

メリタ フィルター メリタ フィルター

お湯(コーヒー)が落ちるための穴が、「コーヒーフィルター」はほぼ真ん中にあるのに対し、「アロマフィルター」はズレた位置についています。

上から覗き込んでみると、

メリタ フィルター メリタ フィルター

「コーヒーフィルター」は底の真ん中に穴がありますが、「アロマフィルター」は真ん中ではなく、かつ底ではなく少し高いところに穴がついています。

これにより、お湯を入れた時にすぐに全てが落ちずに底でたまるようになっています。

メリタの製品紹介ページによると、

穴の位置がすこし高く、注いだお湯が底で一旦溜まる構造になっているため、しっかり蒸らしができ、より深いアロマを引き出すことができます。

メリタ アロマフィルターのページより

とのこと。

実際量ってみると、「アロマフィルター」の底には水を約17mlためることができました。後ほど実際にコーヒーを淹れて比べてみたいと思います。

ポットに置くとこんな感じ。

メリタ フィルター メリタ フィルター

「アロマフィルター」はフチがあってポットに置きやすいのと、取っ手が大きく太くて持ちやすいので、その分使い勝手が良さそうです。

ちなみに、どちらも購入すると計量スプーンがついてきます。全く同じものです。

メリタ 計量スプーン

わずかにコーヒーの味が違った!

実際に「コーヒーフィルター」と「アロマフィルター」でコーヒーを淹れてみましょう。

フィルター以外の条件はしっかり揃えておきます。

・挽いたコーヒー豆の量 20g
・お湯の温度 83℃
・蒸らす時間 20秒
・総抽出時間 2分30秒

以上の条件で、フィルターだけ変えて味を比べてみます。ペーパーも共通で同じものを使用できます。

メリタ フィルター コーヒー

左が「コーヒーフィルター」、右が「アロマフィルター」です。見た目には全然違いは見られませんが…

味わってみると、味が微妙に違いました。

後味や苦味はほとんど変わりませんが、「アロマフィルター」で淹れた方がわずかに風味が立っている感じです。小さな違いですが、それでも飲み比べてみると違いはわかります。

そこまで気になる差ではないので、どちらを使っても美味しく淹れられると思います。

一つ気になったのが、「アロマフィルター」は溝が多いのと穴付近の構造が複雑なので、洗うのがちょっと面倒です。「コーヒーフィルター」よりも細かくしっかりとスポンジでこする必要があるなぁと感じました。

とにかくこれでメリタのフィルターが2種類手に入ったわけなので、ガンガン使って楽しんでいきたいと思います。

 

コーヒーフィルター SF-M 1×2(2~4杯用)
アロマフィルター AF-M 1×2(2~4杯用)
どちらもメーカー希望小売価格560円(税抜)

コメントを送る

*
*
* (公開されません)