「Cafe to 木造香舎」のご紹介。座敷席が嬉しいアットホームなカフェ。 

「Cafe to 木造香舎」のご紹介。座敷席が嬉しいアットホームなカフェ。 

今回は、静岡県藤枝市のカフェ「Cafe to 木造香舎(もくぞうこうしゃ)」をご紹介したいと思います!

閑静な場所に佇むこのお店ですが、結構目立つ看板が出ており、書かれているお店の名前が変わっているのでずっと気になっていました。

Cafe to 木造香舎 看板

看板によると、コーヒーだけでなく食べ物のメニューも盛りだくさんな様子。どのようなお店なんでしょうか?



アットホームという言葉がぴったりのお店。

まずは場所を見てみましょう。

藤枝市と焼津市のちょうど境のところ。

住所は藤枝市ですが、僕はこのあたりは焼津市だとずっと思っていました。

目の前の通りはこんな感じです。

Cafe to 木造香舎 道路

最寄りの駅は西焼津駅ですが、徒歩で25〜30分くらいかかるので、車で訪れるのが無難です。

一車線道路でそこまで車通りは多くなく、お店にも入りやすいと思います。

続いてお店の外観を見てみましょう。

Cafe to 木造香舎 外観

Cafe to 木造香舎 外観

決して今風の小洒落た感じではないかもしれませんが、なんだかホッとする作りです。

駐車場は道路沿いに4台分ほどあり、お店の裏手にも比較的広い駐車スペースがあります。

Cafe to 木造香舎 外観

ちなみに裏側からもお店の中に入れます。

それではお店の中へ。

Cafe to 木造香舎 店内

テーブル席に加え、奥には座布団を備えた座敷の席があります。靴を脱いで滞在できるカフェって実はあまりないですよね。地味に嬉しい。

Cafe to 木造香舎 店内

テーブル席は8席。2人掛けが4つです。僕が滞在している間に何組もお客さんの出入りがありましたが、ご年配の方の利用が多いみたいです。

Cafe to 木造香舎 店内 Cafe to 木造香舎 店内

座敷席はテーブルが4つ。2人掛けのテーブルのようです。

「木造香舎」の名の通り、ログハウスのような作りになっています。テーブルや椅子も全て木製で、座敷席もフローリングです。

Cafe to 木造香舎 店内 Cafe to 木造香舎 店内

壁に掛かった写真や飾られている多肉植物など、マスターの趣味が随所に表れています。

Cafe to 木造香舎 店内

マスターがお店で豆の焙煎をしており、豆の販売も行っています。なぜかしいたけも売られていました。

それでは、メニューを見ていきましょう。

Cafe to 木造香舎 メニュー

窓ガラスにも描かれていたイラストですね。毎日朝夜焙煎をされているとのこと。

まずはコーヒーのラインナップから。

Cafe to 木造香舎 メニュー Cafe to 木造香舎 メニュー

僕はこのメニューを見て、少し感動してしまいました。

同じ豆でも煎り具合を変えたり、5種類ものブレンドがあったりして約20種類のコーヒーがあるのに加えて、一つ一つのメニューにものすごく心のこもった説明書きが添えてあります。

また、その説明書きの内容がとても楽しい。オリジナリティと熱意にあふれています。

これだけ温かく、かつ読み手に楽しい説明書きが書かれているメニューはそうそうありません。隅々まで読ませていただきました。

コーヒー以外のドリンクやデザート、食べ物のメニューはこちら。

Cafe to 木造香舎 メニュー Cafe to 木造香舎 メニュー Cafe to 木造香舎 メニュー Cafe to 木造香舎 メニュー

とにかくメニューが豊富です。

先日ご紹介したクレープカフェ「FULL MOON CREPE by みっくす」もすごくメニューが多く、メニューだけ別の記事を書いてしまったほど

こちらのカフェもそこまでではありませんが、ドリンク・食べ物共に色々なものが揃っています。

今回は夕方くらいの時間に訪れたので、食事は無し。黒ビーフカレーとピッツァがめちゃくちゃ美味しそうです。

奥さんは、「ホットココア」と「洋ナシのタルト」を注文。「ホットココア」は甘めにできるということで、そうしてもらいました。

僕は「東ティモール 中煎り」と「ベイクドチーズケーキ」を注文しようとしたんですが、あいにくその時はチーズケーキがなく、代わりにメニューにはない「アップルパイ」になるとのことだったので、それをお願いしました。

 

Cafe to 木造香舎 ホットココア

まずは「ホットココア」。とてもしっかりしており、濃厚な味です。甘さも十分。

水っぽさや薄さは全くなく、とても満足できる一杯です。

続いて「洋ナシのタルト」がこちら。

Cafe to 木造香舎 洋ナシのタルト

およそ半玉分くらいでしょうか。洋ナシが上に乗っていますが、生地にも果実が入っており、満足感アップ。

付け合わせの生クリームは甘さ控えめで、一緒に食べた時にバランスが取れるようになっています。

続いて僕の注文にいきましょう。

「東ティモール  中煎り」です。

Cafe to 木造香舎 東ティモール 中煎り

カップとソーサーの絵も、お店の雰囲気にぴったりです。

酸味がしっかりしています。苦味は少なめで、中煎りらしい仕上がりです。

後に残るえぐみは全くなく、最後まですっきりと飲めます。

最後にアップルパイを。

Cafe to 木造香舎 アップルパイ

実は僕、アップルパイが大好物。今回のメニューで個人的に一番印象に残ったのもこのアップルパイでした。

まずフォークが温かかったのが嬉しいポイント。

リンゴの酸っぱさがしっかりあり、甘さと生地の香ばしさとも相まって、とても美味しくいただきました。シナモンの香りが目立たない(もしかしたら入っていない?)のも僕好みでした。

座敷でゆっくりコーヒーを楽しみたい時に。

お店の内装やメニューの記載、温めてあったフォークなど、ホッとできるアットホームな雰囲気に浸れる「Cafe to 木造香舎」。

やはり座敷席がありがたいですね。小さいお子さんも連れて来やすいんじゃないでしょうか。

次回訪れた時は、ぜひ食事のメニューも頼みたいと思います!

 

Cafe to 木造香舎
住所:静岡県藤枝市兵太夫188-1
開店時間:11:00~19:00
定休日:月曜日(月曜が祝祭日の場合は翌日休み)
月1回不定休有り

コメントを送る

*
*
* (公開されません)