「スターバックス ブレックファースト ブレンド」のご紹介。味は普通だけどお手頃価格の浅煎り豆。

「スターバックス ブレックファースト  ブレンド」のご紹介。味は普通だけどお手頃価格の浅煎り豆。

先日、スタバのコーヒー豆「スターバックス TOKYO  ロースト」の記事を書きました。

今回は、その記事の中でもちょっと触れた「スターバックス ブレックファースト ブレンド」をご紹介したいと思います。

→「TOKYO ロースト」の記事はこちら!【「スターバックス TOKYO ロースト」をご紹介。今までにない新鮮さにびっくり!】

スタバの豆はかなりの種類が発売されていますが、その中でも「ブレックファースト ブレンド」は結構前から発売されている商品。

味わいをレビューしたいと思います。



朝にすっきり飲める浅煎りの豆。

まずはパッケージから見てみましょう。

スターバックス ブレックファースト ブレンド

「ブレックファースト ブレンド」という名前の通り、朝に飲むことをイメージしたコーヒー豆。太陽のイラストが描かれています。

「ケニア」や「グアテマラ アンティグア」などと同じく、煎り具合はミディアムローストです。

→「グアテマラ アンティグア」の記事はこちら!【コーヒー豆「スターバックス グアテマラ アンティグア」のご紹介。特徴的な酸味と甘みが楽しめる!】

 

スターバックス ブレックファースト ブレンド

コロンビア産の豆100%です。1袋250あたり税別1050円で、比較的お手頃な価格。

 

スターバックス ブレックファースト ブレンド

スタバの豆のパッケージには、サイドに「コーヒーの抽出の仕方」が書かれています。ことごとく英語ですが…。

どうやら10gの豆につき180mlのお湯を使うのがおすすめのようです。

 

開封して中身を見てみましょう。

スターバックス ブレックファースト ブレンド

スタバの豆は深煎りのものが多いのですが、これは比較的浅煎り。朝一番にすっきり飲むことを想定しているようですね。

 

スターバックス ブレックファースト ブレンド

多少の欠点豆や煎りムラはありますが、ある程度は仕方ないですね。

TOKYO ロースト」の記事でも書きましたが、メーカーの豆にはそれなりに入っていることが多いです。

手軽に浅煎りのコーヒーが飲みたい時に。

それでは豆を挽いて、コーヒーを淹れてみましょう。

スターバックス ブレックファースト ブレンド

スターバックス ブレックファースト ブレンド

個人的に湯温は83℃くらいが好みです。温度がぶれると味に影響するので、温度計で毎回必ず測るようにしています。

→使用している温度計の記事はこちら!【コーヒーの湯温を測りたい。タニタのスティック温度計がめちゃくちゃ良かった!】

スターバックス ブレックファースト ブレンド

蒸らしの段階で、豆から炭酸ガスが出て膨らむことはありませんでした。焙煎してから少なからず時間が経っているようです。

飲んでみると、比較的浅煎りの豆だけあって結構酸味があります。

苦味はやはり軽めで、すっきりとした印象です。

特徴のある個性的な香りはあまりなく、一般的なコーヒーの風味といった感じ。

ブルーボトルコーヒーなど最近流行りのサードウェーブ系の浅煎り豆と比べると。香りや酸味に強さや特徴がなく、力不足なのは否めません。

ですが、店舗数の多いスタバで買えるのはメリット。値段も安いので、手軽に飲むことができます。

スタバの豆は基本的に深煎りのものが多いので、その中で酸味を楽しめるものが飲みたい、と思った時にはおすすめの豆です。

 

「スターバックス ブレックファースト ブレンド」
内容量:250g
価格:1050円(税抜)
全国のスターバックス店舗、スターバックスオンラインストアにて発売

コメントを送る

*
*
* (公開されません)