コーヒー豆「スターバックス グアテマラ アンティグア」のご紹介。特徴的な酸味と甘みが楽しめる!

コーヒー豆「スターバックス グアテマラ アンティグア」のご紹介。特徴的な酸味と甘みが楽しめる!

「TOKYO ロースト」など、最近スターバックスの豆のラインナップがどんどん増えていますが、今回は「スターバックス グアテマラ アンティグア」を紹介したいと思います。

「ハウス ブレンド」や、以前ご紹介した「ブレックファスト ブレンド」などと同様、以前から販売されている定番の豆です。

→「ブレックファスト ブレンド」の記事はこちら!【「スターバックス ブレックファースト ブレンド」のご紹介。味は普通だけどお手頃価格の浅煎り豆。】

→「TOKYO ロースト」の記事はこちら!【「スターバックス TOKYO ロースト」をご紹介。今までにない新鮮さにびっくり!】

グアテマラといえば有名なコーヒーの産地。「アンティグア」は栽培されている地域名です。どんな味わいの豆なんでしょうか?



ミディアムローストの豆。

それではまずパッケージから見ていきましょう。
グアテマラ アンティグア

描かれている尾の長い鳥は、グアテマラの国鳥「ケツァール」でしょうか。

 

スターバックスでは、ミディアムローストの豆はこのブラウンのパッケージです。

焙煎度には色々なものがあり、「ミディアムロースト」という言葉はやや浅めの中煎りを示すこともありますが、この豆はちょうど真ん中ぐらいの煎り具合のようです。

グアテマラ アンティグア グアテマラ アンティグア

苦味や酸味がバランス良く味わえるということですね。

 

グアテマラ アンティグア

もちろん豆の生産国はグアテマラのみ。

 

グアテマラ アンティグア

ちなみに、開け口付近に袋留めが付いています。

ブレックファスト ブレンド」や「ハウスブレンド」、「ケニア」など以前からある豆にはどれも付いているんですが、新商品の「TOKYO ロースト」にはこれがなく、テープで留めるだけでした。

フルーティな酸味とスパイスのような香り。

それでは開封してみましょう。

グアテマラ アンティグア

豆のサイズは普通。中煎りの色味ですね。若干豆の表面に油が浮いており、テカっています。

挽いてみると、スパイスのような香りが特徴的です。

 

それではコーヒーを淹れてみましょう。

グアテマラ アンティグア

最初にお湯を入れる蒸らしの段階で豆から炭酸ガスが出て膨らむことはありませんでした。

膨らみは焙煎されてから時間が経っていない新鮮な証拠なのですが、スタバの豆でこの膨らみが出るのはほとんど見たことがありません。

TOKYO ロースト」で初めてこの膨らみが出て、結構びっくりしました。

肝心のコーヒーの味は、柑橘のような酸味があり、挽いた時に感じたスパイシーな風味も生きています。苦味は比較的まろやかで、中煎りの豆だけありバランスがいいです。

少し甘みがあり、これが個人的なポイント。結構僕の好きな味で、おすすめです!

 

「スターバックス グアテマラ アンティグア」
内容量:250g
価格:1240円(税別)
全国のスターバックス店舗、スターバックスオンラインストアにて発売

コメントを送る

*
*
* (公開されません)