「ジョージア ジャパン クラフトマン ブラック」を独断と偏見でご紹介。

「ジョージア ジャパン クラフトマン ブラック」を独断と偏見でご紹介。

「ジョージア ジャパン クラフトマン」は2018年5月14日から発売されているペットボトルコーヒーシリーズ。「ブラック」と「カフェラテ」の2種類の展開です。

テレビCMもバンバンやっていて、コンビニやスーパーなど、本当にどこでも売っている人気商品。今回は、このシリーズの「ブラック」をご紹介したいと思います!

缶コーヒーやペットボトルなどなど、ジョージアは多彩なラインナップを揃えています。先日、猿田彦珈琲監修のボトル缶コーヒー「香るシリーズ」は全種類制覇したところ。

ボトル缶コーヒー「ジョージア 香るブラック」のご紹介。開けた時の香りがポイント。

ボトル缶コーヒー「ジョージア 香る微糖」をご紹介。個人的にはブラックの方が美味しいかも。

「ジョージア 香るブレンド」を、独断と偏見でご紹介。

「ジョージア 香るカフェラテ」を独断と偏見でご紹介。

ペットボトルのコーヒーは、缶に比べてすっきりした味わいを目指していることが多いですが、この「ジャパン クラフトマン」シリーズはどうでしょうか?



推しのポイントは「水出しコーヒー」。

まずはボトルの外観から見てみましょう。

ジョージア ジャパン クラフトマン ブラック

ジョージア ジャパン クラフトマン ブラック ジョージア ジャパン クラフトマン ブラック

水出し抽出のコーヒーを使用し、すっきりした味わいと香りを楽しめるとのこと。

ちなみに使用されている水出しコーヒーは全量中5%なので、そこまで味に大きな影響はないような気もしますが…。ジョージア ジャパン クラフトマン ブラック

ちょっとわかりづらいですが、ペットボトル上部に「GEORGIA」と書かれています。

商品データは以下の通りです。
【原材料名】
コーヒー/香料

【栄養成分表示(100mlあたり)】
エネルギー:0kcal  たんぱく質:0g  脂質:0g  炭水化物:0.6g(糖類0g)  食塩相当量:0.04g

実にすっきり、口当たりもまろやか。

肝心の味はというと…

コーヒーの苦味はかなり抑えられており、他の色々なボトル缶コーヒーやチルドカップのコーヒー飲料と比べてもかなり控えめです。

その割に豆自体の香りは強く、口に含んだ時に鼻に抜ける香りはしっかり感じられます。

口当たり、舌触りがまろやかで、後味に残るえぐみもほとんどありません。

「キリン ファイア ワンデイ ブラック」や、泡立ててから飲む「ワンダフルワンダ ブラック」と同様、実にすっきりした味わいで、味の系統はどれも似ています。

強いて言えば、この「ジャパン クラフトマン ブラック」がわずかに酸味が強いかな、というくらい。

サイズも500mlありたっぷり楽しめる分、逆に言うとこれくらいすっきりしていないとしんどくなってくるのかもしれません。

→「ジョージア ジャパン クラフトマン ブラック」公式ページはこちら

 

「ジョージア ジャパン クラフトマン ブラック」
内容量:500ml
価格:139円(税別)
全国のコンビニエンスストア、スーパー、ドラッグストア、自動販売機などで発売

コメントを送る

*
*
* (公開されません)