缶コーヒー「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド」

缶コーヒー「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド」

ジョージアブランドの定番中の定番、というより、缶コーヒーというジャンルの定番といっても良いくらいの商品、「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド」。

「クラフトマン」や「ザ・プレミアム」、「香るシリーズ」など多くの商品があるジョージアですが、その中でもまさに王道。学生の頃なんかは本当にエメマンばっかり飲んでました。

「ジョージア ジャパン クラフトマン ブラック」を独断と偏見でご紹介。

ボトル缶コーヒー「ジョージア ザ・プレミアム 微糖」

ボトル缶コーヒー「ジョージア 香るブラック」のご紹介。開けた時の香りがポイント。

2017年2月6日からリニューアル発売されているということで、より洗練された味わいになっているかもしれません。レビューしていきたいと思います!



2019年、ガンダムとコラボ中。

まずは缶のデザインから見ていきましょう!

ジョージア エメラルドマウンテンブレンド

ジョージア エメラルドマウンテンブレンド

コロンビアのコーヒー豆全体の3%未満という高級豆を使用しているとのこと。

この缶のブルーや山のデザイン、まさに定番の缶コーヒーです。

ジョージア エメラルドマウンテンブレンド

2019年はエメラルドマウンテンブレンド発売25周年、かつ機動戦士ガンダム40周年ということで、コラボデザイン缶が登場しています。

9月30日までの期間、異なる時期で計4種類のポスターの抽選に応募できたりするとのこと。

コラボ公式ページを見ると16種類のボトルデザインが確認できますが、この画像の「ホワイトベース」が載っていませんでした。デザイン毎に発売時期が異なるようですが、全部で何種類展開されているんでしょうか。

ちなみに、この「エメラルドマウンテンブレンド」は容量サイズが「185g」「170g」「160g」の3パターンあります。170g缶は自販機専用となっています。

商品データは以下の通りです。
【品名】
コーヒー

【原材料名】
牛乳、コーヒー、砂糖、香料、カゼインNa、乳化剤

【栄養成分表示(100gあたり)】
エネルギー:35kcal  たんぱく質:0.6g  脂質:0.5g  炭水化物:6.9g  ナトリウム:53mg

甘みと苦味がけっこう強い!

ジョージア エメラルドマウンテンブレンド ジョージア エメラルドマウンテンブレンド

コーヒー、ミルク成分が浮遊・沈殿することがあるので、開封前に軽く振り、少し待ってから開けるよう指示があります。

開封すると、コーヒーの苦味っぽい香りが漂います。

肝心の味ですが、まず甘みがかなり強く、苦味もしっかりしています。

コーヒーのコクや風味ももちろんありますが結構少なめ。苦味だけが際立って感じられるという感じです。甘みと苦味によって後味・えぐみが口に結構残ります。

ミルク感は比較的控えめで、全体をマイルドにする役割を果たしているくらいかな、という感じ。

同じジョージアの「ザ・プレミアム  微糖」と比べると味のバランスは若干似てますが、やはり味の差がかなりあります。「ザ・プレミアム 微糖」の方が全体的にレベルが高く美味しいです。

ですが、手頃な価格であることと、「エメラルドマウンテンブレンド」は自販機やコンビニで目にする機会が明らかに多く、いつでも手に入るのはメリット。

しっかりした甘みはもちろん美味しいので、疲れた時に飲みたくなる味です。

→公式ページはこちら

 

「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド」
内容量:185g缶、170g缶(自動販売機専用)、160g缶
価格:185g缶/115円、170g缶/96円、160g缶/77円(全て税別)
全国のコンビニエンスストア、スーパー、ドラッグストア、自動販売機などで発売

コメントを送る

*
*
* (公開されません)