東海・北陸エリア限定缶コーヒー「ボス デミタス微糖」をご紹介!

東海・北陸エリア限定缶コーヒー「ボス デミタス微糖」をご紹介!

ボスの商品群には、地域限定で展開しているものがいくつかあり、「関東・甲信越限定」、「北海道限定」などいくつかのパターンで発売されています。

今回は、そういったものの中から「東海・北陸エリア限定」、しかもその地域内の「自販機限定」発売という超限定的な商品「ボス デミタス微糖」をご紹介したいと思います!

なぜ東海と北陸で統一されているのかは分かりません。気候も味の好みもぜんぜん違う気がするんですが…コーヒーの嗜好については共通点がある地域なんでしょうか?

「ボス デミタス 微糖」は、東海・北陸エリアのお客様の声をもとにつくりあげた、この地域限定の特別なブレンドです。

サントリーHP 東海・北陸エリア情報より

ボスの自販機限定商品としては、先日「ボス ロースターズセレクション」をご紹介しましたが、これは地域の指定はなく、全国展開でした。

自販機専用缶コーヒー「ボス ロースターズセレクション」をご紹介!

これだけ色々な商品を開発、展開できるブランド力にはつくづく感心するばかり。今回の商品はどのような味わいなんでしょうか?



シックでグラデーションが効いたデザイン。

ボス デミタス微糖

ボス デミタス微糖 ボス デミタス微糖 ボス デミタス微糖

「ゴールド・濃紺グラデーション」缶で発売されています。

缶だけ見ると結構カッコよく、普通に定番商品で採用されてもおかしくないようなデザインな気がします。

商品データは以下の通りです。
【品名】
コーヒー

【原材料名】
牛乳、コーヒー、砂糖、デキストリン、乳製品/カゼインNa、乳化剤、安定剤(カラギナン)、香料、甘味料(アセスルファムK)

【栄養成分表示(100gあたり)】
エネルギー:32kcal  たんぱく質:0-1.2g  脂質:0-1.2g  炭水化物:5.4g  糖類:3.6g  食塩相当量:0.14g

苦味の割に、他の成分が少ないんじゃないか?

ボス デミタス微糖

ボス デミタス微糖色は、微糖コーヒーとしてはやや淡めでしょうか。

開封してみると、なかなか濃厚な香り。コーヒー感がしっかりしているというか、豆の良い香りをちゃんと感じることができます。とはいえ微糖ということで、ミルクっぽい甘みのある風味も備えています。

口に入れると、独特の苦味が口に広がります。ですが、デミタスという商品から想像するほどガツっとした強さではありません。

むしろ、特徴的なのは風味やコーヒー自体の味で、非常に個性的な味わいです。

鼻に抜ける香りが想像よりもかなり控えめのせいか、苦味やミルクの香りにモヤがかかったような、不思議な感覚を覚えます。

控えめながら、感じられる香りはどこか華やかさがあります。いかんせん強くないのが残念です。

甘みもそこそこ控えめに設定されており、その分後味も軽い…かと思いきや、微糖コーヒーらしいちょっと気になる味が舌と鼻の奥に残ります。これはこの系統の宿命ですね…

苦味はそれなりにあるけれど旨味や風味がそれに釣り合っていない、という感じでしょうか。それがある意味個性を作っているということにもなるんでしょうが、まぁ正直そこまで好みではないです…(笑)。

【味のまとめ:苦味はそこそこ。個性的だが、そこまで美味しくないかも】

→サントリーHP 商品情報はこちら

→BOSSブランドサイト「BOSS TOWN」はこちら

 

「ボス デミタス微糖」
内容量:缶165g
希望小売価格:115円(税別)
東北、東海の自動販売機限定で発売(今回のゴールド・濃紺グラデーション缶は東海限定)

コメントを送る

*
*
* (公開されません)