リニューアル前後で比較!缶コーヒー「ダイドーブレンド デミタス微糖」をご紹介!

リニューアル前後で比較!缶コーヒー「ダイドーブレンド デミタス微糖」をご紹介!

2019年9月9日よりリニューアル発売されている「ダイドーブレンド デミタス」シリーズより、「微糖」をご紹介したいと思います!

何月何日から発売、と言ってもその日からいきなり新しいバージョンが店頭に並ぶことは結構少なくて、この商品も御多分に洩れず、しばらくの間旧バージョンが売られていました。お店も在庫があるから当然ですよね。

まぁこれはある意味チャンスなので、旧バージョンも買っておきました。新バージョンと比較していきたいと思います!

このシリーズのレビューは「ブラック」「ラテ」「コーヒー」に続いて4作目。

リニューアル前後で比較!缶コーヒー「ダイドーブレンド デミタスブラック」をご紹介!

缶コーヒー「ダイドーブレンド デミタスラテ」をご紹介!

缶コーヒー「ダイドーブレンド デミタスコーヒー」をご紹介!

残るは「甘さ控えた微糖」という商品だけなんですが、これが難関。本当にどこを探しても見かけたことがないんですよね…数種類抱えたシリーズものあるあるですが、一つの店で全商品がきちっと揃うことはまずないですし、特定のものはどこを探してもない、という状況はよくあります。

まぁグチをこぼしても始まりません。何はともあれとにかく今回は、「微糖」をリニューアル前のものと比較しながらレビューしていきたいと思います!



やっぱり新バージョンのデザインの方が好き。

まずはリニューアル前の缶から見てみましょう!

ダイドーブレンド デミタス微糖

 

次に、リニューアル後のものを見ていきましょう。

ダイドーブレンド デミタス微糖

ダイドーブレンド デミタス微糖 ダイドーブレンド デミタス微糖

コーヒー規格(内容量100g中にコーヒー生豆換算で5g以上)の下限値との比較で、豆の量が1.5倍になっているのが売りのこのシリーズ。量が少ない分、味を濃厚にして満足感を出せるデミタスの特長ですね。

独特のラインが入った缶そのものは旧バージョンと同じもので、シリーズ内全てで共通です。また配色がシンプルになったりダイドーのロゴがゴールドになったり、ロゴのフォントが変わったりというところは他の商品と同じですね。

余談中の余談ですが、新しいバージョンの配色は、昔買ったバックストリートボーイズの「BLACK&BLUE」というアルバムのパッケージを一瞬思い出しました(笑)。

他の商品と同じく、個人的には新しい方のデザインの方が好きですねー。やはりシンプルな方がイメージに残りやすいです。

商品データは以下の通りです。
【品名】(※リニューアル前も後も変わってません)
コーヒー

【原材料名】(※リニューアル前も後も変わってません)
牛乳、コーヒー、砂糖/乳化剤、カゼインNa、安定剤(カラギナン)、甘味料(アセスルファムK)

【栄養成分表示(100gあたり)】
リニューアル前→エネルギー:33kcal  たんぱく質:0.9g  脂質:0.9g  炭水化物:5.3g(糖類:3.9g)  食塩相当量:0.11g

リニューアル後→エネルギー:34kcal  たんぱく質:0.8g  脂質:1.1g  炭水化物:5.3g(糖類:4.2g)  食塩相当量:0.12g

リニューアル後のキリッとした苦味が嬉しい!

中身を見てみましょう!まずはリニューアル前から。

ダイドーブレンド デミタス微糖

ダイドーブレンド デミタス微糖

 

続いてリニューアル後。

ダイドーブレンド デミタス微糖

ダイドーブレンド デミタス微糖

色味はほとんど同じですね。微糖コーヒーとしては普通くらいの濃さでしょうか。

香りもどちらもほとんど変わりません。コーヒー豆の香りとミルクの比率は半々くらいで混じりあっているイメージですね。微糖コーヒーとしては結構オーソドックスな香りです。

そして実際両方味わってみると、新バージョンの方が明らかにコーヒーの苦味、深み、コクが強調されています!全体的により引き締まった味という印象です。

リニューアル前も美味しいんですが、飲み比べると特徴に欠けるというか、苦味好きな人には物足りなく感じられてしまうかも。散漫な味、と表現すると言い過ぎかもしれませんが、焦点が合ってないような雰囲気です。

どちらも甘みは十分しっかり。鼻に抜ける香りはどちらも豊かですが、やはり新バージョンの方がその点でもより優れています。

やや苦味が強すぎると感じる人もいるかもしれない、という懸念があるのと、後味に結構しっかり苦味が残るというデメリットはありますが、それでも個人的には今回のリニューアルは成功だったと言えると思います。これくらいコーヒー感がしっかりしていると飲みごたえがあり、積極的に選ぶ理由になり得ると感じています。

【味のまとめ:リニューアルを経て苦味とコーヒー感が大幅強化。飲みごたえ十分の微糖コーヒー】

→ダイドードリンコ 商品情報はこちら

・ダイドーブレンド ブランドサイト「デミタスシリーズ」ページはこちら

 

「ダイドーブレンド デミタス微糖」
内容量:缶150g
希望小売価格:115円(税別)
全国のコンビニエンスストア、スーパー、ドラッグストア、自動販売機などで発売

コメントを送る

*
*
* (公開されません)