「2019年11月14日更新」発売中のマウントレーニア一覧&個人的美味しさランキング

「2019年11月14日更新」発売中のマウントレーニア一覧&個人的美味しさランキング

スーパーやコンビニ、自販機などなど、どこでも気軽に手にすることができるチルドカップの一大ブランド「マウントレーニア」。エスプレッソとミルクを味の基本としたこのブランドのドリンク、一度は味わったことがある人も多いはず。

こちらのページでは、現在発売中のマウントレーニア商品を、独断と偏見で味のイメージの紹介と個人的ランキングを付けていきたいと思います!

※新商品が発売された場合、購入・レビューが出来次第どんどん更新していきます!



カテゴリーは個性の違う3種類。

「マウントレーニア」は、森永乳業が展開するチルドカップのブランドです。

このブランドの商品は、

  • 定番品の「STANDARD」(スタンダード)
  • 季節限定品の「SEASONALITY」(シーズナリティ)
  • 製法や原料にこだわった「SPECIALITY」(スペシャリティ)

この3種類のカテゴリーに分類されます。

「STANDARD」(スタンダード)には「カフェラッテ」「エスプレッソ」「ノンシュガー」「クリーミーラテ」の4商品がラインナップされており、基本的に商品の入れ替えがありません。定番品のカテゴリーなのでどれも良い意味で角がなく、飲みやすい味わいに仕上がっています。

「SEASONALITY」(シーズナリティ)はその名の通り季節限定なので、数ヶ月でどんどん変わっていきます。その季節を反映した商品が入ってくるため、個性のある尖った味のものが多いです。また、甘みが強くなる傾向があります。

「SPECIALITY」(スペシャルティ)は、「SEASONALITY」ほど頻繁ではありませんが、定期的に入れ替えが行われています。苦味や香り、コーヒー感が他のカテゴリーよりも深い味わいの商品がラインナップされています。

その魅力は、ホッとする美味しさと手軽さ。

看板商品「カフェラッテ」がこのブランドの味の骨格を表していますが、その基本となるのは「エスプレッソ」と「ミルク」。

苦味とコク、そして甘さが絶妙なバランスでブレンドされており、美味しさと懐かしさを兼ね備えた味わいになっています。

そしてこの「マウントレーニア」を語る上で大事なポイントが、「販売しているチャネルの多さ」と「価格の安さ」。

全ての商品が揃っていることは少ないですが、数種類くらいは必ずと言っていいほどコンビニやスーパー、ドラッグストアに置いてあります。また、コンビニには新作が並ぶ確率が高いのも嬉しいポイントです。

そして、普段使いする上で大切な価格の安さ。値引きをガンガンしてくれるドラッグストアやスーパーでは、税抜98円で売られていたりするので、スタバのチルドカップ商品などと比較するとそのお手頃価格さが際立ちます。

個人的マウントレーニア美味しさランキング

マウントレーニアは方向性の異なる3つのカテゴリーがあることに加え、同じカテゴリーの中でも全然違った系統の商品が揃っており、まさに多種多様な味を楽しむことができます。

そのため、どれが一番美味しいのかは人によって違っていて当然。あくまで僕の独断と偏見によるランキングなのであしからず。

ちなみに僕の好みを簡単に書くと、

  • 苦味、コーヒー感がしっかりしている
  • 個性が際立っている商品が大好き
  • なんだかんだ甘いのも捨てがたい

という感じ。このあたりをご了承の上、ランキングをご覧ください!

1位「ディープエスプレッソ」(カテゴリー:SPECIALITY)

パッケージ一新!「マウントレーニア ディープエスプレッソ」を飲んでみた。濃厚な苦味と香りが嬉しい!

「SPECIALITY」(スペシャリティ)カテゴリーの「ディープエスプレッソ」。香り、苦味のリッチさ、飲みごたえ、非常にレベルが高いです!

甘さが程よく控えめで、それがまたコーヒー感を高めています。文句なしにオススメの商品です。

2位「ワールドクラフトラテ」(カテゴリー:SPECIALITY)

「マウントレーニア ワールドクラフトラテ」のご紹介。

苦味だけでなく、ミルク感が結構存在感を出しているのが個人的にかなりお気に入り!その辺りがマウントレーニアっぽくもあり、加えて本格的コーヒーの感覚もしっかり楽しめる味わいになっています。

3位「カフェラッテ」(カテゴリー:STANDARD)

「マウントレーニア カフェラッテ」を画像付きでご紹介。

まさに定番、押しも押されぬ大定番!飲むとその味わいにホッとする、慣れ親しんだど直球のチルドカップラテです。飲むたびに、優しくもしっかりした甘み、ちょうど良いエスプレッソとミルクのバランスに癒されます。

4位「カフェラッテ キャラメルブリュレ 〜恋とキャラメルを焦がすラテ〜」(カテゴリー:SEASONALITY)

チルドカップ「マウントレーニア カフェラッテ キャラメルブリュレ 〜恋とキャラメルを焦がすラテ〜」をご紹介!

サブタイトルまでついて、恐ろしく長い商品名になっています。最近のマウントレーニアはこういう感じのサブタイトルがつくことがちょくちょくあり、興味深いです(笑)。

味わいは、商品名通り実にキャラメルキャラメル(おまけにカラメルも入ってます)していて、飲んでいて楽しくなる味わいと風味。程よい苦味もその個性を引き立てます。

5位「カフェラッテ カフェココア 〜雪の思い出〜」(カテゴリー:SEASONALITY)

チルドカップ「マウントレーニア カフェラッテ カフェココア 〜雪の思い出〜」をご紹介!

昨年に引き続き今年も発売されたこのドリンク。たっぷりのココア感にマウントレーニアのカフェラッテ感が加わり、甘い系ドリンクとしてはかなりレベルの高い味わいになっています。

ただ、ココア味の商品は定番といえば定番で、4位の「キャラメルブリュレ」と比べた時にオリジナリティの点で少しだけポイントを下げました。

6位「エスプレッソ」(カテゴリー:STANDARD)

「マウントレーニア エスプレッソ」を独断と偏見でご紹介!

通常の「カフェラッテ」の苦味を深くしたような「エスプレッソ」。

定番の味わいとしてはやはり「カフェラッテ」に分があり、苦味を追求すると「ディープエスプレッソ」には敵わず、現在のラインナップの中ではやや中途半端な印象です。

7位「ノンシュガー」(カテゴリー:STANDARD)

「マウントレーニア ノンシュガー」を独断と偏見でご紹介!

マウントレーニアの味の基本はエスプレッソとミルクですが、まさにその2つだけに特化し、甘みをひっこ抜いた商品。シリーズの味の根底に共通する部分を楽しめますが、そんなマニアックな楽しみ方をする人も少ないはず(笑)。

8位「クリーミーラテ」(カテゴリー:STANDARD)

「マウントレーニア クリーミーラテ」を独断と偏見でご紹介!

「エスプレッソ」とは逆に、苦味をかなり抑えてミルク感に特化した商品。甘さとミルク感はたっぷりですが、なぜか若干物足りなさを感じてしまいました。冒頭で触れた通り、苦味か個性かそのどちらかが際立っている商品がやっぱり好きなんですよね。

9位「デカフェ」(カテゴリー:SPECIALITY)

「マウントレーニア デカフェ」を独断と偏見でご紹介!

名前の通り、カフェインを抜いたデカフェドリンク。これに限らずデカフェの商品というのはやはりどこか物足りないような味わいになってしまうのが難しいところ。カフェインレスという大きなメリットはありますが、味の好みという点だけで考えると順位が低めになってしまいました。

10位「コールドブリュー」(カテゴリー:SPECIALITY)

「マウントレーニア コールドブリュー」を飲んでみた。すっきりしすぎて味が薄いかも。

なんとなく、世間的にはこんな低い順位にはランクインしないんじゃないかと勝手に思っているこちらの商品。

コールドブリュー(低温抽出)や水出しコーヒーは最近のブームだし、発売から時間が経っているのに未だにコンビニなどでもよく目にするので、結構人気が続いているんじゃないでしょうか。

ただ個人的には「薄い…」という印象で、個性が弱いように感じてしまいました。マウントレーニアのイメージとはちょっと違うんじゃないかな?という感覚が拭えません。

 

これで個人的ランキングは以上です!マウントレーニアはどんどん新商品が出てくるので、どんどんランキングも更新していきたいと思います!

コメントを送る

*
*
* (公開されません)