コーヒー豆「スターバックス ライトノート ブレンド」をご紹介!普通だけど、それが嬉しい。

コーヒー豆「スターバックス ライトノート ブレンド」をご紹介!普通だけど、それが嬉しい。

前回ご紹介したスターバックスのホリデーシーズン限定のコーヒー豆「クリスマス ブレンド エスプレッソ ロースト」に続き、今回はレギュラーの一つ「スターバックス ライトノート ブレンド」をご紹介したいと思います!

スタバの豆の中では、最も浅煎りの部類の一つ。前回は最も深煎りで苦味が相当がっつりだったので、味のギャップがすごそうです(笑)。

いくつかスタバの豆をレビューしてきましたが、それぞれ結構特徴的で個性のある豆ばかり。今回の「ライトノート ブレンド」はどうでしょうか?

→コーヒー豆「スターバックス スマトラ」のご紹介。苦味は強いが特徴に欠けるかも。
→コーヒー豆「スターバックス グアテマラ アンティグア」のご紹介。特徴的な酸味と甘みが楽しめる!



淡い色味で爽やかなパッケージ。

スターバックス ライトノート ブレンド

薄めのゴールドのパッケージにハチドリが描かれ、実に軽やかなイメージです。

 

スターバックス ライトノート ブレンド

MELLOW(柔らか)で、SOFT(穏やか)な味のイメージだそう。

 

スターバックス ライトノート ブレンド

スタバの豆にはこの煎り具合のスケールが袋に書かれています。

 

スターバックス ライトノート ブレンド

正面真ん中下あたりに、炭酸ガスが抜けていく通気孔があります。

 

スターバックス ライトノート ブレンド

生豆生産国はブラジルとコロンビア。どちらも日本がコーヒー豆を輸入している代表的な国ですね。

普通といえば普通だが、ちゃんと美味しく飲める浅煎り系。

スターバックス ライトノート ブレンド スターバックス ライトノート ブレンド

上の煎り具合のスケールでは「BLONDE/GOLDEN」となっていた通り、浅煎りということで明るい茶色。

当たり前ですが、しっかり深煎りの「クリスマス ブレンド エスプレッソ ロースト」とは相当色味に差がありますね。あっちは真っ黒けでした…(笑)。

開封した時の香りは、鮮やかさを感じつつもどこか丸みのある柔らかな香り。甘い感じはあんまりないんですが、なぜか優しいイメージの香りです。

スターバックス ライトノート ブレンド

挽いた豆にお湯を注いでみたところ。そこまで膨らむことはありませんでしたが、炭酸ガスの泡はぷくぷく出てきました。焙煎されてからそれなりに時間は経っていそう。

 

スターバックス ライトノート ブレンド スターバックス ライトノート ブレンド

そして飲んでみると、浅煎りらしく爽やかな酸味が楽しめます!ただ苦味もそれなりにしっかりしており、飲みごたえはあります。

とはいえ、スタバの店舗で飲めるドリップコーヒーと比べると明らかに苦味は軽く、酸味は強いです。通常使われている豆よりも浅煎りになっているのは明らかですね。

鼻に抜ける香りは別に特徴的な感じはなく、結構普通な感じ(笑)。

酸味と苦味が程よくマッチしており、普通に美味しく楽しめるコーヒーといえそうです。値段も1袋250gあたり税抜き1050円と、スタバの前の中では「ブレックファースト ブレンド」などと並んで最安なのも嬉しいですね。

【味のまとめ:全体的な味わいはよくも悪くも普通。浅煎り目に楽しめるコーヒー】

→スターバックスHP オンラインストア 商品ページはこちら

 

「スターバックス ライトノート ブレンド」
内容量:250g
価格:1050円(税別)
全国のスターバックス店舗、スターバックスHPのオンラインストアにて発売

コメントを送る

*
*
* (公開されません)