ボトル缶コーヒー「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド プレミアム」をご紹介!

ボトル缶コーヒー「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド プレミアム」をご紹介!

2019年は、ジョージアの永遠の定番「エメラルドマウンテンブレンド」発売25周年の年だそうで、それを記念した商品が9月9日から発売されています。

それが、今回ご紹介する「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド プレミアム」です!

以前このブログでも取り上げましたが、「エメラルドマウンテンブレンド」といえば缶コーヒーの中でも最も有名なものの一つ。たとえ飲んだことはなくとも、誰でも一度は絶対に目にしているといっても過言ではないはず。僕自身は何本飲んだかわかりません。

缶コーヒー「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド」

この定番商品に「プレミアム」という冠がついたということで、その味にも期待がかかるところ!

こだわりぬいたコーヒー豆と製法により実現した深みのあるコーヒーの味わいが控えめな甘さで楽しめる、大人のコーヒーファンに満足いただけるボトル缶コーヒーです。

日本コカ・コーラ ニュースリリースより

ということで、定番の「エメラルドマウンテンブレンド」との味の違いも鑑みつつ、レビューしていきたいと思います!



通常よりもリッチなイメージのデザイン。

ジョージア エメラルドマウンテンブレンド プレミアム

ジョージア エメラルドマウンテンブレンド プレミアム

ジョージア エメラルドマウンテンブレンド プレミアム

ジョージア エメラルドマウンテンブレンド プレミアム

通常の「エメラルドマウンテンブレンド」よりもネイビーに近いような青が使われ、また象徴となる山のイラストもゴールドになっています。さすがプレミアム。

ただ、「FNC認定高級豆エメラルドマウンテン使用」の記載は通常の「エメラルドマウンテンブレンド」と同じ文面です。

「高級豆エメラルドマウンテン」の割合や、これ以外に使用されている豆が通常とは違うんでしょうか?

商品データは以下の通りです。
【名称】
コーヒー

【原材料名】
牛乳、コーヒー、砂糖/香料、カゼインNa、乳化剤、シリコーン

【栄養成分表示(100mlあたり)】
エネルギー:31kcal  たんぱく質:0.6g  脂質:0.6g  炭水化物:5.9g  食塩相当量:0.2g

後味がすっきり、嫌な苦味が残らない!

ジョージア エメラルドマウンテンブレンド プレミアム

ジョージア エメラルドマウンテンブレンド プレミアム

色は結構暗め。「エメラルドマウンテンブレンド」よりも明らかにディープな色味です。

香りは、意外と甘く優しい香り。苦味を感じさせる風味もありますがそこまで強くなく、飲みやすそうなイメージを漂わせる香りです。

口に入れるとまろやかな口当たりを感じます。分類は微糖コーヒーの系統ですね。

甘みがそれなりにしっかりしているのが味の第一印象ですが、よく味わってみると苦味が上品に仕上がっているのがわかります。

しっかり苦味は感じるんですが、後味に嫌な感じで残ることがなく、えぐみがありません。その分すっきりさも出ており、甘みと相まってとても飲みやすいです。

「エメラルドマウンテンブレンド」や「ボス レインボーマウンテンブレンド」、「ファイア 挽きたて微糖」などといった、いわゆる定番の微糖コーヒーよりも、明らかに後味の品が良い印象。

鼻に抜けるコーヒーの香りも十分。焙煎の風味を楽しめます。

よりすっきりさっぱりと飲める微糖コーヒーとして、通常の「エメラルドマウンテンブレンド」はじめ、他の商品と差別化ができている気がします。結構おすすめです!

【味のまとめ:後味の良さが際立つ微糖コーヒー】

→商品公式ページはこちら
・日本コカ・コーラ 製品情報
・ジョージア 特設ページ

「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド プレミアム」
内容量:ボトル缶260ml
希望小売価格:139円(税別)
全国のコンビニエンスストア、スーパー、ドラッグストア、自動販売機などで発売

コメントを送る

*
*
* (公開されません)