缶コーヒー「ボス 贅沢微糖」をご紹介!

缶コーヒー「ボス 贅沢微糖」をご紹介!

微糖缶コーヒーというジャンルは、まさに缶飲料を代表するものの一つなんじゃないでしょうか。

どこのお店にも必ず複数の種類が置いてあり、新製品も定期的に出てきます。非常に男性的なイメージの商品群ですが、根強い人気があるようです。

今回するのはその中でも超定番の商品、「ボス 贅沢微糖」です!

「ワンダ 金の微糖」などと並んで、「微糖缶コーヒーは金色」というパブリックイメージの形成に一役買っている商品ですね。

なぜ微糖は金という選択になったのかわかりませんが…。とにかくこの色のイメージは相当定着しているはず。ことごとくどのメーカーも、主力の定番微糖缶コーヒーはどれも金色で統一されています。

缶コーヒー「ワンダ 金の微糖」をご紹介!

缶コーヒー「ジョージアグラン 微糖」をご紹介!

味の系統も似たような感じですが、メーカーごとに特徴があり、微妙に香りや味が異なってます。ボスの顔とも言える「贅沢微糖」、どんな味わいでしょうか?



見覚えがありすぎる超定番缶。

ボス 贅沢微糖

ボス 贅沢微糖 ボス 贅沢微糖 ボス 贅沢微糖

コンビニに置いてある率は何パーセントくらいでしょうか?おそらく相当高い数字になるはず。

それくらい、本当にどこにでもある人気商品です。

“雑味のないコーヒーの旨みが詰まったバランスの良い味わい”の微糖タイプ缶コーヒーとしてご好評いただき、微糖タイプ缶コーヒー市場でNo.1※のポジションを築いています。

※ インテージSRI調べ 微糖缶コーヒー市場 2018年1月~2018年12月累計販売金額 全国SM・CVS・DRUG計

サントリーHP 商品情報より

商品データは以下の通りです。
【品名】
コーヒー

【原材料名】
牛乳、コーヒー、砂糖、乳製品、デキストリン、カゼインNa、乳化剤、香料、甘味料(アセスルファムK)

【栄養成分表示(100mlあたり)】
エネルギー:20kcal  たんぱく質:0-1.4g  脂質:0-1.0g  炭水化物:3.5g  糖類:2.7g  食塩相当量:0.12g

苦味がやはりやや強め。全体的に濃い風味。

ボス 贅沢微糖 ボス 贅沢微糖

色は普通〜やや濃いめくらいでしょうか。

香りは、甘みの中にもやや苦味の目立つ香り。鼻にツンとくる感じがわずかにします。微糖のコーヒーはこういうのがありがちですが、ボスの商品には比較的多い気がします。

肝心の味は、やはり微糖と言いながらしっかり甘め(笑)。ミルク感もそこそこあり、甘さとミルクでとても飲みやすい味わいですが、そこにピリッとした苦味が入っています。

雑味を抑えた製法を採っているようですが、やや後味にも残ります。

コクは実にしっかりしており、全体的にしっかりと濃く、贅沢な感じ。

いわゆる本当にイメージ通りの微糖コーヒーという感じで王道中の王道の味ですが、同じ系統の「ファイア 挽きたて微糖」と比べるとやや鼻に抜ける香りが地味かなぁという印象。

缶コーヒー「キリン ファイア 挽きたて微糖」をご紹介!

【味のまとめ:甘みとミルクがしっかり。苦味、後味がやや気になる微糖コーヒー】

→サントリーHP 商品情報はこちら

→BOSSブランドサイト「BOSS TOWN」はこちら

 

「ボス 贅沢微糖」
内容量:缶185g
希望小売価格:115円(税別)
全国のコンビニエンスストア、スーパー、ドラッグストア、自動販売機などで発売

コメントを送る

*
*
* (公開されません)