缶コーヒー「プレミアムボス」をご紹介!

缶コーヒー「プレミアムボス」をご紹介!

ボスのラインナップの中で、豆の量を増やしたりコーヒーオイルをプラスしたりと、より味わいを深める工夫を凝らした「プレミアム」シリーズ。今回はこちらのシリーズの代表となる「プレミアムボス」をご紹介したいと思います!

同じシリーズでは容器の形態も揃えて展開されることが多いですが、このシリーズでは、この「プレミアムボス」だけが通常缶で、他の商品はボトル缶となっています。

これまで「ブラック」と「微糖」、そして「ラテ(砂糖不使用)」をレビューしてきました。他には「超深煎りプレミアム」がありますが、こいつは正直見たことがないですねぇ…

ボトル缶コーヒー「プレミアムボス ブラック」

ボトル缶コーヒー「プレミアムボス 微糖」

ボトル缶コーヒー「プレミアムボス ザ・ラテ(砂糖不使用)」をご紹介!

今回の「プレミアムボス」、ラインナップから見るに、おそらく味の系統は通常缶コーヒー寄りかと思われます。コクや苦味に注目して、レビューしていきたいと思います!



ゴージャスな感じの缶デザイン。

プレミアムボス プレミアムボス プレミアムボス プレミアムボス

 

ニュースリリースによると、豆の量を増やすとともに、微粉砕した豆も使用してコクを高めているとのこと。

味わいの骨格をつくる「ブラジル最高等級豆」を1.2倍※1に、「微粉砕コーヒー豆」を2倍※1に増量するとともに、豊かなコクと香りを引き立てるボス史上最高深煎り豆を絶妙にブレンドし、“最高峰のコク”をさらに進化させました。

※1 従来品との比較

サントリーHP ニュースリリースより

缶自体は、ボスの看板商品「贅沢微糖」や「レインボーマウンテンブレンド」と共通の、独特の横線の彫り込みが入ったもの。

デザインは深い青にゴールドをふんだんに用いた、リッチ感を押し出したものになっています。

商品データは以下の通りです。
【品名】
コーヒー

【原材料名】
牛乳、コーヒー、砂糖、ぶどう糖、乳加工品、カゼインNa、香料、乳化剤

【栄養成分表示(100gあたり)】
エネルギー:33kcal  たんぱく質:0-1.2g  脂質:0-1.0g  炭水化物:6.6g  食塩相当量:0.11g

しっかりした香りとコクを楽しむ!

プレミアムボス

プレミアムボス

色は、ミルク入りのコーヒーとしてはちょっと濃いめでしょうか。

香りは、かなり豆の焙煎の香りがしっかりします!甘い感じもありますが、かなりコーヒー感が強い印象。結構本格的なイメージを感じる香りです。

口に入れると、鼻に抜ける豆の香りがより一層しっかりと感じられます!一口目すぐにパッと香りが広がるのがわかります。

豆の風味や苦味が結構独特で、深煎りの苦味かつピリッとした特徴的な香りを併せ持っています。

甘みはそれなりにしっかりしており、そこが缶コーヒーらしいといえばらしいところ。ミルク感はほどほどといった感じです。

苦味の強さ自体はもっと強い缶コーヒーもありますが(デミタス系など)、コクや香りの豊かさはこの商品もかなりのもの。同シリーズの「微糖」も香りに特徴がありましたが、こちらもそういう方向性な気がします。

缶コーヒーとしてはそこそこレベルが高めで、しっかり個性もある味わいに仕上がっていると思います。香りに特徴があるので好みが分かれる気もしますが、個人的には結構おすすめです!

【味のまとめ:香りに特徴あり!通常缶コーヒーより豊かな風味とコク】

→サントリーHP 商品情報はこちら

→BOSSブランドサイト「BOSS TOWN」はこちら

 

「プレミアムボス」
内容量:缶185g
希望小売価格:115円(税別)
全国のコンビニエンスストア、スーパー、ドラッグストア、自動販売機などで発売

コメントを送る

*
*
* (公開されません)