自販機専用缶コーヒー「ボス ロースターズセレクション」をご紹介!

自販機専用缶コーヒー「ボス ロースターズセレクション」をご紹介!

商品の数が半端じゃないボスブランドには、自販機専用の商品がちらほらあります。今回ご紹介する「ボス ロースターズセレクション」もそんな商品の一つ。

ボスの自販機自体は結構目にしますが、必ずお目当てのものが入っているとは限らないので、「自販機限定」という商品は探すのに若干骨が折れます。ある意味運次第です(笑)。

缶コーヒー「ビッグボス」をご紹介!

 

ブランドサイトの商品情報によると、

焙煎職人が厳選したエチオピア豆を絶妙にブレンド。
豆の個性を引き出す独自の焙煎で仕立てた、香ばしくほろにがい味わいがたのしめる微糖です。

BOSSブランドサイト「BOSS TOWN」商品情報より

うーん、なんだかよくわからないですねぇ…(笑)。

とりあえず、苦味が特徴であることは間違いないようです。そのへんに注目して、レビューしていきたいと思います!



結構可愛らしい缶デザイン。

ボス ロースターズセレクション

ボス ロースターズセレクション ボス ロースターズセレクション ボス ロースターズセレクション

背景に描かれているイラストはロースタリーでしょうか?ブラウン主体の色味も可愛らしく、全体に結構洒落ているデザインになっていると思います。

缶自体は、他のボス製品と共通のものが使用されています。

系統としては、糖類が抑えられている微糖系のコーヒーとのことですね。

商品データは以下の通りです。
【品名】
コーヒー

【原材料名】
牛乳、コーヒー、砂糖、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン/カゼインNa、香料、乳化剤、甘味料(アセスルファムK)

【栄養成分表示(100gあたり)】
エネルギー:21kcal  たんぱく質:0-1.4g  脂質:0-0.8g  炭水化物:3.6g(糖類:2.8g)  食塩相当量:0.12g

最初の苦味はしっかり。ただその後は印象が薄い…

ボス ロースターズセレクション ボス ロースターズセレクション

色は微糖系コーヒーとしては普通くらい。

香りは、ミルクの香りがそれなりに強く、甘い風味もしっかりします。コーヒーっぽさももちろんありますが、印象としては甘い優しい感じの方が強めかもしれません。

肝心の味は、「ほろにが」というだけありピリッとした苦味がやはり印象的!また、焙煎した豆の香りが鼻に抜けるのが分かります。

後味に苦味が結構残ります。しょうがないといえばしょうがないですが、それが若干気になる人がいるかもしれません。

ただ苦味の強さの割に、コクというか深い味がないように感じます。一口目の苦味はしっかりしていますが、その他に特長があまりないような…。

甘みは結構感じるんですが、微糖(人工甘味料で甘さを出している)なので後味はすっきりめ。甘みの割に妙に軽い、という表現もできるかもしれません。敏感な人なら人口甘味料の味に気づくんじゃないでしょうか。

ちなみに酸味はほとんどありません。

個人的な感想としては、より香りに個性を出すとかコクを強くするなど、もう一つポイントがあるとよりバランスが良くなる気がします。

【味のまとめ:第一印象の苦味はあるが、それ以外の特徴に欠けるかも】

→サントリーHP 商品情報はこちら

→BOSSブランドサイト「BOSS TOWN」はこちら

 

「ボス ロースターズセレクション」
内容量:缶185g
希望小売価格:115円(税別)→2019年10月22日現在(消費税率10%)、自販機で130円で販売されています
※全国の自動販売機限定で発売

コメントを送る

*
*
* (公開されません)