リニューアル前後で比較!「キリン ファイア 贅沢カフェオレ」をご紹介!

リニューアル前後で比較!「キリン ファイア 贅沢カフェオレ」をご紹介!

キリンの超有名ブランド「ファイア」の4商品、「ブラック」「挽きたて微糖」「直火ブレンド」「贅沢カフェオレ」が10月8日にリニューアル発売され、このブログでも「ブラック」「挽きたて微糖」をレビューしてきました。

今回は、続いて「贅沢カフェオレ」をご紹介したいと思います!

2019年10月8日リニューアル!「キリン ファイア ブラック」をご紹介!

2019年10月8日リニューアル!缶コーヒー「キリン ファイア 挽きたて微糖」をご紹介!

「ブラック」「挽きたて微糖」は、リニューアル後は全体的に苦味やコーヒーの香りがよりしっかりして、コーヒー感が強くなっています。

「新直火仕上げ製法」によりさらに力強いうまみを実現し、“火”を大胆に配した潔い現代的なパッケージにすることで、気持ちを前向きに切り替える缶コーヒーとしてリニューアルしました。

キリン ニュースリリース2019年より

レビューした2商品については個人的にリニューアル後の方が好きな味わいなので、このリニューアルは良かったんじゃないかと思ってます。今回の「贅沢カフェラテ」はどうでしょうか?



より鮮やかな配色になったパッケージ。

キリン ファイア 贅沢カフェオレ

キリン ファイア 贅沢カフェオレ キリン ファイア 贅沢カフェオレ キリン ファイア 贅沢カフェオレ

 

キリン ファイア 贅沢カフェオレ

キリン ファイア 贅沢カフェオレ キリン ファイア 贅沢カフェオレ キリン ファイア 贅沢カフェオレ

フタ部分の色やダイアモンドカットなど、缶そのものは全く同じもの。ただ、イラストや文字の字体はかなり変更が見られます。

個人的に好きなのが、使われている色が変わったこと。リニューアル前は背景の白がややクリーム色っぽかったり、ファイアのロゴのゴールドもややくすんでいましたが、それぞれリニューアル後はよりクリアになっています。また、缶下部の青色についてはより深いネイビーになり、鮮やかさを増した白やゴールドとの対比がよりはっきりしています。

商品データは以下の通りです。
【品名】(※リニューアル前も後も変わってません)
コーヒー飲料

【原材料名】(※リニューアル前も後も変わってません)
牛乳、コーヒー、砂糖/乳化剤、カゼインNa、安定剤(カラギナン)、甘味料(アセスルファムK)

【栄養成分表示(100gあたり)】
リニューアル前→エネルギー:43kcal  たんぱく質:0.8g  脂質:0.9g  炭水化物:8g  食塩相当量:0.12g

リニューアル後→エネルギー:39kcal  たんぱく質:0.7g  脂質:0.8g  炭水化物:7.2g  食塩相当量:0.11g

甘さ→苦味にちょっとだけベクトルが向いた感じ。

リニューアル前の色味はこちら。

キリン ファイア 贅沢カフェオレ

キリン ファイア 贅沢カフェオレ

 

続いてリニューアル後。

キリン ファイア 贅沢カフェオレ

キリン ファイア 贅沢カフェオレ

色味はほとんど変わりません。リニューアル後の方がわずかに暗いかな?という程度。

香りの差は正直小さいですが、リニューアル前はより甘くてミルク感があります。リニューアル後の方が、わずかに引き締まったような感じです。

味についても、口に入れる前の香りと大体同じ印象です。どちらも甘みたっぷりでミルク感も濃く、たっぷりと満足できる味わいのカフェラテですが、リニューアル前の方が若干甘みが強く、わずかにミルク感が強くなっています。人工的な感じもしますが、美味しく飲めます。

リニューアル後は甘みが控えめなのと(それでも十分甘いですが)、コーヒーの香りや苦味が少し強めになっています。甘みやミルク感がしっかり強調された味わいから、コーヒー感を少し高めたバランスになっているので、リニューアル後の方がどちらかというとちょっと大人の味わいという感じ。

これは完全に好みが分かれるところ。個人的にはリニューアル後の方が好きですが、リニューアル前の方が好きだった、という人も少なからずいそうです。基本的に男性が購入することが多いと思うので、リニューアル後の方がより男性向きになっているのは間違いないかとは思いますが。

【味のまとめ:少しばかり甘みが控えめに、苦味は強めに。どちらにしても満足いくカフェラテ】

→キリン 商品情報はこちら

→キリン ファイア ブランドサイトはこちら

 

「キリン ファイア 贅沢カフェオレ」
内容量:缶185g
希望小売価格:115円(税別)
全国のコンビニエンスストア、スーパー、ドラッグストア、自動販売機などで発売

コメントを送る

*
*
* (公開されません)