缶コーヒー「ボス THE CAN COFFEE 俺の微糖」をご紹介!

缶コーヒー「ボス THE CAN COFFEE 俺の微糖」をご紹介!

完全に男向け、女性は完全にターゲット外だ!と言わんばかりの缶コーヒー。

今回ご紹介するのは、「ボス THE CAN COFFEE 俺の微糖」です!

「俺の」といえば真っ先に思い浮かんだのが、「俺のイタリアン」、「俺のフレンチ」などを展開する「俺の株式会社」。

そちらのお店は女性もたくさん利用しているはずで、個人的にも男性のイメージは全然なかったんですが、この「俺の微糖」はなぜかものすごく男向け感を感じたのは、やはり缶コーヒーだからでしょうか。かなりしっかりした味わいが想像できます。

コーヒー豆から缶コーヒーができるまでのすべての工程において、「BOSS」が培ってきた技術を尽くし仕上げた、力強いコーヒー感が楽しめる一杯です。

サントリーHP ニュースリリースより

ボスは女性にも受け入れられやすいデザインや味を目指した商品も出しているので、その辺の幅の広さはさすが。しっかりターゲットを絞って商品を展開しています。

缶コーヒー「カフェ・ド・ボス ふんわりカプチーノ」をご紹介!

缶コーヒー「カフェ・ド・ボス ほろあまエスプレッソ」をご紹介!



商品名通り、男っぽさ満点のデザイン。

ボス THE CAN COFFEE 俺の微糖

ボス THE CAN COFFEE 俺の微糖

ボス THE CAN COFFEE 俺の微糖

全体がシルバー、文字が黒、そして「俺の微糖」というロゴの赤バック・白抜きはまるで週刊誌の見出しのよう。インパクトと個性は十分ですが、男っぽさが過ぎるのは否めません(笑)。

商品データは以下の通りです。
【品名】
コーヒー

【原材料名】
牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、デキストリン、香料、カゼインNa、乳化剤、甘味料(アセスルファムK)

【栄養成分表示(100gあたり)】
エネルギー:20kcal  たんぱく質:0-1.2g  脂質:0-1.2g  炭水化物:2.9g(糖類:2.3g)  食塩相当量:0.11g

あまり物珍しさを感じないかも…。定番缶コーヒーという感じ。

ボス THE CAN COFFEE 俺の微糖

ボス THE CAN COFFEE 俺の微糖

色味は、微糖コーヒーとしてはちょっと淡めでしょうか。

香りは、まさに微糖缶コーヒーの王道を行くような香り!甘さたっぷり、そして苦味もがっつり感じる定番の香りです。なじみがあると言うか、想像ど真ん中の缶コーヒーの香り。

口に入れると、これまた微糖コーヒーとしての特性をきっちり満たす味わい。苦味が強く、舌に残り、甘みが強いが人口甘味料っぽいというポイントを全て押さえています(笑)。

後味に苦味が残りますが、妙に軽い感じがするのが人工甘味料の特徴ですね。糖分をしっかり使うと必然的に重さが出ます。

他の微糖缶コーヒーと比べると、わずかにミルク感を感じる気がするのがちょっと意外。

正直言って、苦味がややしっかりしているものの、あまりに定番の味すぎて特徴に欠けるというのが正直な感想です。風味に特徴があるわけでもなく、その他の要素が突出しているわけでもなく、全体的なバランスも普通。個人的には、この商品を選ぶ手がかりが弱いんじゃないかと思ってしまいました…。

【味のまとめ:定番微糖缶コーヒーを踏襲する味。あまり引っかかりを感じない…】

→サントリーHP 商品情報はこちら
→サントリーHP 「俺の微糖」特設ページはこちら
→BOSSブランドサイト「BOSS TOWN」はこちら

 

「ボス THE CAN COFFEE 俺の微糖」
内容量:缶185g
希望小売価格:115円(税別)
全国のコンビニエンスストア、スーパー、ドラッグストア、自動販売機などで発売
※製造終了していますが、2019年11月18日現在、まだまだ量販店で目にします!

コメントを送る

*
*
* (公開されません)