タンブラー「RIVERS ウォールマグ スリーク アンプラグド」をご紹介!お手頃価格で使いやすい!

タンブラー「RIVERS ウォールマグ スリーク アンプラグド」をご紹介!お手頃価格で使いやすい!

コーヒーをいつでもどこでも楽しむのに欠かせないアイテム、タンブラー。

こんなにも世間に浸透したのは、「自分のタンブラーやボトル、マグカップを持参すると20円引き」というサービスを展開するスタバの存在が極大ですね。もちろん同様のサービスを行っているコーヒー店はたくさんありますが、そこらへんのオシャレ感を定着させる感じ、スタバはすごくうまいです。

その辺はまぁともかくとして今回ご紹介するのは、おしゃれコーヒーアイテムを販売するメーカー「RIVERS(リバーズ)」のタンブラー、「ウォールマグ スリーク アンプラグド」です!

「RIVERS(リバーズ)」は、コーヒーミルやタンブラーなどコーヒーを楽しむアイテムなどを中心に展開しているブランド。アウトドアでの使用を意識したものも多く、シンプルながらアクティブに楽しめる商品が揃っています。

このブランドが個人的に結構ツボで、こちらのステンレスボトル「STEM」も購入済み!すっかり愛用品になってます。

ステンレス製ボトル「RIVERS STEM(リバーズ ステム)」を購入したのでご紹介。所有欲を満たすオシャレボトル!

→→「RIVERS」ホームページはこちら

先に結論を言ってしまうと、今回の「ウォールマグ スリーク アンプラグド」もかなり良いです!既にがっつり普段使いの仲間入りを果たしています。細かいところをレビューしていきたいと思います!



シンプルでオーソドックス。でもおしゃれ!

まずは箱から。段ボールの箱に梱包されています。ロゴの感じなどなかなかいい感じ!

緩衝材は入っていないですが、箱の四隅がかなりしっかりしており、これなら緩衝材は確かにいらない感じです。

RIVERSからはタンブラーは「ウォールマグ」という名称で発売されており、サイズや形など違うタイプがいくつもラインナップされています。今回のは「スリーク」というタイプで、一番オーソドックスな形とサイズです。

それでは中身を取り出してみましょう!

全体的にシンプルながらロゴがいい感じにアクセントになっており、実に洒落てるデザインに仕上がっています!

ロゴの「BREW IN THE MOUNTAIN」は「山でコーヒーを淹れよう」という意味。

「UNPLUGGED COFFEE」は「電気を使わず淹れたコーヒー」ということで、アウトドアに持っていくことを想定されたシリーズです。

ただ、このデザインだと普通に街や日常での使用でも全然いけますね!

カラー展開は、

  • ブラック
  • ネイビー
  • マスタード
  • ベージュ
  • オリーブ
  • リードグレー

以上6種類となっています。僕が購入したのは「ベージュ」。優しい感じが実に良いです。

注意書きが同封されています。耐熱性能は十分備わっているアイテムですが、プリントに影響が出る恐れがあるということで、食洗機は不可となっていますね。

ただパーツはカップとフタの2つだけなので、普通に手で洗っても一瞬で終わります。

フタはパチッと飲み口を塞げるようになっています。中身を入れて横にしてみましたが、漏れることはありませんでした。

塞ぎ部分自体もそれなりにしっかり閉まるので、強めに当たるなどしない限り、勝手に開いてしまうことはなさそうです。

内部はこんな感じ。質感としては実に普通のプラスチックっぽい感じ。高級感や重厚感は正直ありません。

ただ、カップ部分もフタ部分もマットな質感で手に馴染みます。ツルツルした感覚は全くないです。

個人的にありがたいのが、「フタ部分に細かすぎる部分がないので、洗う作業が実に楽だ」ということ!普通のスポンジでしっかり隅々まで洗えます。カップ部分のロゴはこすり過ぎないように気をつけてます。

さらに言うと、コーヒーを朝入れて夜に洗うという使い方を続けても、匂い移りが全然ないのがかなりありがたいです。普通に食器用洗剤で洗うだけで、毎日不快な思いをせず使えます。

毎日ラフに使いたくなるアイテム!

公式に発表されている基本的な情報は以下の通りです。

原材料:ポリプロピレン (カップ、フタ) 、シリコーンゴム (フタ)
容量:350ml(実容量300ml)
サイズ:約 W:91mm×D:91mm ×H:130mm
耐熱温度:150℃
耐冷温度:-40℃

RIVERS オンラインストアより

容量350mlというのは、スタバのTall(トール)サイズと同じ。軽く持ち歩くタイプのタンブラーの一番一般的なサイズ感ですね。

ただ、「実容量300ml」となっています。これの意味を確認するため、350mlいっぱいで入れてみると…

こんな感じ。まさに表記通りすりきりいっぱい、あふれる寸前です。350ml入れてしまうとフタが閉められないんですね。

スタバで持参タンブラーとして渡すとき、トールサイズのコーヒーはフルで入らないということになります。ここだけはちょっと注意が必要かもしれません。

ただ、素材の質感やデザインのおしゃれ感、洗いやすさなど、全体的にかなり使いやすいです!普段使いにはもってこいだと感じてます。

そして大事なのが、値段が「定価1430円(10%税込)」というお手頃価格だということ!特にアウトドア使用では傷がつきやすくなると思いますが、この値段だと気分的にすごくラフに使えます。

僕は今のところ職場にしか持っていっていませんが、それでも気を遣わず使えるということはかなりありがたいです。完全に個人的感覚ですが、3000円と1430円では雑に使うハードルが違ってきます(笑)。

この値段でこれだけ所有欲を満たしてくれるので、僕としてはものすごく満足しています!朝しっかり起きられてコーヒーを淹れる時間がちゃんと取れたときは(笑)、ほぼ必ずこれを使ってます。多めに飲みたい時はステンレスボトルの「STEM」を登場させてますね。

というわけで、個人的主観にまみれた評価で申し訳ないですが、相当オススメできるタンブラーだと感じています!コーヒーライフの彩りを一つ増やしてくれるようなアイテムなんじゃないでしょうか。

コメントを送る

*
*
* (公開されません)